「犬が病気になる」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「犬が病気になる」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

犬はあなたのよき理解者であり、パートナーともいえる大切な存在。

そんな犬が病気になってしまった時、どんな意味があるのでしょうか。

ここでは犬が病気になってしまったスピリチュアル的な意味や解釈について、詳しく解説していきます。

「犬が病気になる」のスピリチュアルでの象徴や意味

ペットとして飼っている犬は、あなたの半身、写し鏡のような存在を象徴しています。

そんな犬が病気になってしまうということは、あなたの状態が良くないことを意味しているのです。

「犬が病気になる」のスピリチュアルメッセージ

「自分の傷に気づいて」というメッセージです。

飼い主であるあなたの心が深く傷ついていたり、思い悩み苦しんでいたりすると、犬はその様子を敏感に感じ取るのです。

あまりに強く感じすぎてしまうと、深く傷つき病気になってしまうこともあるのですね。

「犬が病気になる」のスピリチュアル的な解釈

犬の病気を看病しつつ、同時に自分の心もケアしてあげましょう。

あなたが元気な姿を見せてあげられないと、写し鏡である犬の体はいつまでも良くなりません。

心が落ち込んでいるときに犬の元気もないとどうしようもなくつらい気持ちになってしまうとは思いますが、自分をないがしろにするようなことは絶対にしないでくださいね。

「犬が病気になる」いい意味での解釈

犬は病気になることで、あなたの不調を教えてくれているのです。

あなたに起こるはずだった体の不調や心の不調を肩代わりしてくれている状態でもあります。

犬を十分に労い、自分も同じくらい大切にしてあげましょう。

犬はその身を挺してあなたを守ろうとしてくれているのです。

ここでお互いをしっかりと労うことが出来れば、また以前のように笑うことが出来るはず。

どんな状況でも希望を忘れず、出来ることは全て行動に移していってくださいね。

「犬が病気になる」悪い意味での解釈

あなたの身代わりとなって犬が病気になってしまい、あなたが忙殺されてしまうことを暗示しています。

あなた自身が不調を抱えている上に、忙しさで心身ともに疲弊してしまいそうです。

反対に、忙しさのあまり余計なことにまで目がいかない、やるべきことだけに集中できるといった意味も持ちます。

雑念を気にする暇もないままにすべてが終わる、といった感覚になるほどの集中力を発揮できるかもしれません。

まとめ

あなたの傷を肩代わりしてくれた犬。

そのことに感謝して、労いながら看病してあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました