PR

「猫との出会いがある時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「猫との出会いがある時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

むかしから日本は猫が多い国で、道を歩けば猫との出会うことは珍しくもありません。

そんな猫たちは、時に人に対して意味深長な表情を見せることもあります。

実はそんな猫との出会いがある時は、幸福に係わるスピリチュアルな意味があるこ出来事になっていました。

「猫との出会いがある時」のスピリチュアルでの象徴や意味

古来より猫は自由や変化の象徴であり、神さまの使いとも言われて来た動物です。

日本では招き猫が幸福をもたらすというように猫は幸せのシンボルで、エジプトでは猫神バステトは邪気を祓い幸福をもたらす存在でした。

西洋では猫は魔力を秘めていて魔法使いのパートナーになる動物とされていてとても神秘的でスピリチュアル的な存在でもあります。

外出した先で猫との出会いがあるのは、幸福の訪れという意味が大きいです。

また何らかの変化の前触れを意味する出来事になっています。

「猫との出会いがある時」のスピリチュアルメッセージ

もし外出した先で猫に出会うことがあったら、「これから幸福なことがあるよ」とか「変化が起きるよ」というメッセージです。

猫との遭遇から人生は好転するかも知れません。

「猫との出会いがある時」のスピリチュアル的な解釈

出会うことになった猫がどんな行動をしているかによって、その意味合いは違ったものになっています。

また猫の色や模様でも違ってくるので、覚えておくと良いです。

「猫との出会いがある時」いい意味での解釈

出会った猫が近寄って来たなら、波動が上昇してお利良好な状態が示されています。

見知らぬ猫がモフモフと触らせてくれるなら、ますます良い兆候です。

神社で猫に出会ったなら、神さまからの守護を受けていることが示されています。

いずれにしても、何事でもチャレンジすれば上手くいくことが示されている状態です。

猫の集会を見ることは、周囲の人と意思疎通をして上手くいくことの暗示になります。

三毛猫とは招き猫の色であり、商売繁盛や金運のご利益が得られる種類です。

茶色に猫は家庭円満の象徴となっています。

黒猫は悪運を呼ぶとも言われましたが、欧州では幸運の前兆で日本では福猫とされ、黒猫は邪気を祓う魔力を持った猫なので厄除けがもたらされるでしょう。

「猫との出会いがある時」悪い意味での解釈

出会った猫に嫌悪感を持ってしまうのは、自身の波動が低下していることの現れです。

猫に攻撃的に対処されたり逃げられるのは、悪いことが起こるから気をつけるべきとの暗示になっています。

まとめ

何処かで猫との出会いがあったら、幸福や変化の前触れとなっていました。

猫との出会いを前向きに捉えて行けば、開運に向かうことになります。

これからは出先での猫との出会いを楽しみにしてください。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする