「猫を去勢する場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「猫を去勢する場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

猫は虚勢とはオス猫の避妊手術になります。

よく性格が変わると言われますが、スピリチュアル的な力も亡くなってしまうのでしょうか?

今回はその辺りを少しずつ検証していきたいと思います。

「猫を去勢する場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

先にもお話しましたが性格が変わってしまうのでしょうか?実際虚勢や避妊をした猫の性格が変わることはありません。

ホルモン分泌が変化するため、見た目に太ったり、発情したりしなくなるので変わったように見えますが、本来の力が変わるわけではないようです。

「猫を去勢する場合」のスピリチュアルメッセージ

実際去勢することによって、病気にかかることが無くなります。

そのため家猫などの場合は今まで以上のスピリチュアルメッセージが期待されます。

特に発情がないため敵も少なくなり、穏やかな性格になるとも言われます。

そのため家猫などは人の子の見守りに徹することができるでしょう。

「猫を去勢する場合」のスピリチュアル的な解釈

猫はそのまま放置しておくと、一年中発情すると言われるので、ものすごく数が増えてしまいます。

そのため今問題になっている多頭飼育に繋がります。

多くいるからスピリチュアルの力が強くなるわけではありません。

猫のスピリチュアルは人との関係性の間に生まれます。

1匹の猫を溺愛する方がスピリチュアル能力は強く発揮されるでしょう。

「猫を去勢する場合」いい意味での解釈

外敵を減らし、愛情を一心に注げるため、その猫からは色んな恩恵を受けられるでしょう。

例えば飼い猫なら外敵が入ってこないように家を守ってくれたり、母親の代わりに子供のお守りをしてくれたり。

本来猫は母性本能の強い生き物です。

安心できる場所ならなおさら人の子を可愛がってくれることでしょう。

「猫を去勢する場合」悪い意味での解釈

虚勢にはかなりの高額な手術料がかかります。

また、全身麻酔で行うために必ずしも安全とは言えません。

それなりに調べ、またかかりつけの獣医があるなら相談することをお勧めします。

子供ができなくなって可哀相と思われる方も中にはいるかもしれませんが、子供を産み育てられなければさらにその猫がかわいそうになると思いませんか?猫と人との関係性を正常化するためにも去勢や避妊を推奨いたします。

まとめ

子供ができなくなった猫に霊力が無くなるということはありません。

また、本来持っている性格が変わってしまうということもありません。

より安全な場所で穏やかに暮らすことの方が猫本来の力を発揮できるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました