「猫嫌い」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「猫嫌い」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

猫が嫌いな人が近くにいると、どのような意味があるのか知りたくなります。

猫嫌いの真意を探っていきましょう。

「猫嫌い」のスピリチュアルでの象徴や意味

猫が嫌いな人は冷たくて、自分の心をさらけ出さない人が多いといわれています。

そのため自分を持っていて、小動物になびかないドライな性格をしています。

また「動物に対して、いい思い出がない」など、何らかのトラウマを抱えている可能性もあります。

冷たい、心を開かない、人に話しにくい思い出がある人がスピリチュアルの意味です。

「猫嫌い」のスピリチュアルメッセージ

猫嫌いの人は、本心を表に出さない人です。

秘密主義のタイプが多く、本当の気持ちを表に出して傷つくのが怖いという側面も持っています。

一方でいったん心を許せば、どこまでも親しくなれる優しい人です。

ツンとデレ、両方持っている愛くるしい人といえます。

また猫はとてもデリケートな生き物。

霊の存在が見える動物として知られています。

そのため猫嫌いの人は、何らかの霊がついている人、霊的なパワーを携えている人という見方もあります。

波動と波動が合わないため、まるで反発し合う磁石のように、お互いを避け合って生きています。

「猫嫌い」のスピリチュアル的な解釈

猫が嫌いな人のいい解釈と、悪い解釈を見ていきましょう。

「猫嫌い」いい意味での解釈

猫が苦手な人は、自分という核を持っています。

こうと決めたらその思いを、死ぬまで貫くような強さを携えています。

芯があるので周囲の人の気持ちに、振り回されることがありません。

文字通り一貫性のある、ぶれない生き方をしています。

猫嫌いというと愛情がなく冷たい人に思えますが、ある意味合理的に生きている人です。

くだらない忖度をする必要もないので、立てた目標に向かってまっすぐ努力を重ねられます。

変化のある時代を、しなやかに生きられます。

「猫嫌い」悪い意味での解釈

猫が苦手な人は、素の自分をさらけ出すことが怖いと感じています。

本当の思いを他人に知られてしまうのが怖くて、いつも仮面をかぶって生きています。

「何を考えているのか分からない」と誤解されてしまうこともあります。

けれどもある程度の年齢になれば、本音ばかりを出していくのは難しいもの。

社会に適応していくために、素の自分をあえて隠している部分もあるからです。

猫嫌いな人は悪く言われることも多いですが、本当はとても優しくて温かい人です。

まとめ

猫嫌いのスピリチュアルな解釈をお伝えしました。

猫嫌いの人は感情を表に出さない人、霊的なパワーを持った人です。

基本の意味を知って、猫にまつわるトリビアを覚えておいてください。

タイトルとURLをコピーしました