「猿田神社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「猿田神社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

犬吠埼や銚子電鉄で知られる千葉の銚子で観光をするなら、猿田(さるだ)神社がおすすめです。

古代に垂仁天皇の頃に創建された神社は、源頼朝も寄進したパワースポット。

その境内はスピリチュアルな力に満ちて居ると言われているので、運気上昇にはぴったりです。

「猿田神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

階段の先にある本殿で祭神となっているのが、猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)、天鈿女命(あめのうずめのみこと)、菊理媛命(くくりひめのみこと)の三柱です。

猿田彦大神は高天原から天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を道案内した神さまで、進む道に迷ったら参拝すると道が示されると言います。

また八方除けという厄除けのご利益も高い神さまです。

天鈿女命は天岩戸神話で活躍した神さまで、拝むことで、芸事の上達ができると信じられて来ました。

菊理媛命は縁結びの神様なので、恋愛成就も叶えられるとのことです。

「猿田神社」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが猿田神社に参拝したくなったら、「人生のすすむべき道が示されるよ」「いま努力している芸事が成就するよ」【良い縁に恵まれるよ」などのメッセージです。

参拝することで幸福に向かっていくでしょう。

「猿田神社」のスピリチュアル的な解釈

境内は鬱蒼とした森が広がっているところで、ご利益の高い見どころが各地にあります。

全てのパワースポットを訪れて、ますます神気を高めて運勢を良いほうに導いてみてください。

「猿田神社」いい意味での解釈

本殿裏手の奥宮には、御神水と御神砂があります。

御神水はお水取りをしてお茶などに使うことで、神さまの力をいただくことができる水です。

御神砂を持ち帰って飾ったり盛り砂にすることで、部屋の邪気を払って浄化を進めることができます。

元宮は猿田彦大神の降臨之地とされていて、境内でもっともエネルギーが高いとのこと。

ここで参拝することで願いは届きやすくなりそうです。

また境内は不思議な光が入って神気を得られる写真が撮影できることでも知られています。

カメラやスマホを持ち込んで、良い写真を撮影してみてください。

「猿田神社」悪い意味での解釈

とっても神気が強い猿田神社なので、体調を悪くすることがあるかもしれないのでご注意ください。

また写真を撮影した場合には警戒のサインなどが撮影できる場合もあるので、その際には適切な対処が必要になります。

まとめ

銚子で古来より信仰された猿田神社は、道が示され努力がみのり、縁結びが叶う神社でした。

境内は各種のご利益を得られる見どころがあるところです。

銚子観光をするなら参拝に訪れて、人生の調子を上げてみてください。

タイトルとURLをコピーしました