「玉前神社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「玉前神社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

裸祭りでも知られる、千葉の玉前神社を訪ねたことがありましたか?一宮町の玉前神社は平安時代より続く聖地で、あの龍宮とも縁がある場所です。

そのためスピリチュアル的な効果に優れ、女性にとってのご利益も期待できるので、旅の目的地に選んでみたいところです。

「玉前神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

祭神となっているのは、玉依姫命 (たまよりひめのみこと)です。

この神さまは海底の龍宮からやってきた乙姫であり、鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)と結婚し、神武天皇を生んだと伝わります。

そのため安産、子育て、縁結びの象徴的な神さまです。

また龍宮の乙姫であることから海の豊穣に関係し、お祈りすると海の安全や海産物の豊漁にもつながるといわれて地元で信仰を集めています。

「玉前神社」のスピリチュアルメッセージ

もし一宮町で玉前神社の玉依姫に参拝することができたら、「安産や子育てが上手くいくよ」というメッセージを受けることになります。

同時に出会いを求める人に対しては「良い出会いに導くよ」と伝えられることになるでしょう。

「玉前神社」のスピリチュアル的な解釈

境内を歩いてみれば、幾つかのご利益を得られる珍しい名所が存在しています。

玉前神社を訪れた時は、これらを順番に回ってみたら、神さまのエネルギーを心身で高められそうです。

「玉前神社」いい意味での解釈

境内から湧き出る御神水は、心身を祓い清め、運気を上昇させる効果があると言われています。

授与所にペットボトルが用意されているので、ぜひ自宅に持ち帰ってみてください。

はだしの道は通ると気力が充実する名所で、地面に砂利が敷き詰められています。

3周すると気力がみなぎるとのことですが、痛みは覚悟しなければいけません。

足つぼマッサージにもなって内臓にも効果が期待できるでしょう。

子宝授けいちょうは、雄株と雌株の間に子株が挟まった銀杏の木。

雄、雌、子の順に触ることで、子宝を願うと叶うと言われています。

「玉前神社」悪い意味での解釈

運気上昇の御神水ですが、鉄分が多くて鉄の味しかしないと評判です。

無害とのことですが大量に飲んでアレルギーを起こすと、逆に運気低下を招くかもしれません。

もし飲まなくても、神棚に供えておくだけでもよいでしょう。

まとめ

一宮町で信仰されている玉前神社は、安産や子育てや縁結びのご利益のあるところでした。

そして境内には御神水やはだしの道など珍しい名所もあるので、ぜひ体験してみたいものです。

訪れるなら9月の裸祭りの時を狙ってみても良さそうですね。

タイトルとURLをコピーしました