「理不尽な上司」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「理不尽な上司」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

仕事場で嫌なことを言ってくる、きつい課長や部長に出会うことがあります。

理不尽な上司のジンクスをおさらいしましょう。

「理不尽な上司」のスピリチュアルでの象徴や意味

屁理屈を並べる上司は、鬱陶しいものです。

理不尽な上司は「魂を磨くトレーナー」としての役割があります。

人生には陽と陰のパワーがありますが、このような上司は陰のパワーを持っています。

強い毒を持っているので、接する人をつらい気持ちにさせることもあります。

ただこうした毒は「人生の楽しさ」を教えてくれる、強い刺激です。

嫌な人がいるからこそ、良い人のありがたみに気付くこともできます。

許せない存在だけれども、この世に無くてはならない人物が、理不尽すぎる上司なのです。

「理不尽な上司」のスピリチュアルメッセージ

理不尽な言動をする上司がいると、ストレスもたまります。

こうした上司は「日常の幸せ」を教えてくれる、陰の存在です。

強い言葉を吐いたり、ご機嫌斜めの態度で接したりすることで、あなたの魂レベルを引き上げようとしています。

「このような人物になってはいけない」という学びを与えてくれたり、周囲の人の優しさを伝えてくれたりします。

人生修行という道場があって、そこの番人だと思えば、無駄に感情を消耗しなくてすみます。

どんなに嫌な上司であっても、寝る時間も休日も一緒ではないもの。

「お給料をもらっている時間」限定でお付き合いしていると、前向きに考えてみてください。

「理不尽な上司」のスピリチュアル的な解釈

理不尽な上司のいい意味と、悪い意味を見ていきます。

「理不尽な上司」いい意味での解釈

理不尽な上司は、あなたの魂を成長させてくれる踏み台となっています。

反面教師としての役割もあるので、これからの生き方の参考にしてみてください。

悪いお手本だと割り切ってしまえば、色々な言動も面白く感じられます。

接するたびに、あなたの心は成長しているので、高みの見物をしてみてください。

「理不尽な上司」悪い意味での解釈

理不尽な上司といつも一緒にいると、心がパンクすることもあります。

行き過ぎた指導は、パワハラ以外の何物でもありません。

会社に伝えることが難しいのであれば「あなたが環境を飛び出す」という方法もあります。

逃げるが勝ちという格言のように、無駄に魂をすり減らさないように注意してください。

あなたの心が最優先です。

まとめ

「理不尽な上司」のスピリチュアルな意味をチェックしました。

こうした陰の存在は、あなたの魂を磨く役割があります。

踏み台や反面教師の作用もあるので、人生修行だと思い、気楽に付き合ってあげましょう。

ジンクスを知って、豊かな世界を見つけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました