「琥珀」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「琥珀」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

神秘的な見た目の琥珀は、むかしから人々が好むパワーストーンでした。

本物は天然樹脂から出来た太古の化石であり、海外ではアンバーと呼ばれています。

琥珀は茶色や金色が多いですが、実は様々な色があって魅力が高いものです。

そんな琥珀は、スピリチュアル的にはどんな効果があるのかを探ってみました。

「琥珀」のスピリチュアルでの象徴や意味

古くからヨーロッパでは、魔除けとして使われていたのが琥珀です。

古代ギリシアではエーレクトロンという呼び名で、これは太陽の輝きを意味しています。

琥珀とは太陽のエネルギーの象徴であると見られてきた宝石でした。

琥珀を手にする人々は邪気を払って生命力が高まり、健康になって心の浄化も進むと言います。

そのため所有すれば幸福を手にできる石だと信じられて来たのです。

「琥珀」のスピリチュアルメッセージ

あなたが琥珀のアイテムを手に入れることは「良いエネルギーを高めるよ」とか「邪気を祓い幸福をもたらすよ」といったメッセージがあります。

悪いことばかりな人生を好転させるのにも役立てられるでしょう。

「琥珀」のスピリチュアル的な解釈

どんな種類の琥珀を選ぶかは重要なことで、どんな風に使っていくかも重視したいことです。

そして琥珀のアイテムを手に入れるなら、確実に気をつけたいこともあります。

「琥珀」いい意味での解釈

琥珀の色によって、違った効果もあると言われています。

茶色は安定、赤色は情熱、黄色は朗らかさ、青色は冷静さとなっているので、自分に合う色の琥珀を探してみるのがよいです。

琥珀はネックレスやペンダントや、指輪などにも使われます。

しかし柔らかく壊れやすい宝石であるために、きちんと保護されたスタイルで所持することで効果を持続しやすくなります。

むかしからヨーロッパでは、琥珀を人に贈ることは幸せを贈ることだと言われていました。

誰かに琥珀のアイテムをプレゼントすれば、きっと幸福をもたらすことになって喜ばれるでしょう。

「琥珀」悪い意味での解釈

琥珀にホコリや汚れが付着している状態は、本来の琥珀のパワーを遮ります。

また保護しない状態では、壊れやすく傷みやすいのがデメリットです。

柔らかい石なので、間違った手入れや保管をすると壊れてしまい、本来の効果がなくなったり運気の低下を招くことになるでしょう。

まとめ

太古の魅力を秘めた琥珀とは、持つ人のエネルギーを高めて幸福をもたらすアイテムでした。

自分ピッタリな琥珀を選ぶことが大切です。

そして琥珀はとても弱い宝石なので、普段からお手入れや保管を重視して大切にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました