PR

「生きるのが辛い」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「生きるのが辛い」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

苦しい気持ちになる日もあるもの。

生きるのが辛いと感じた時の、スピリチュアルサインを見ていきましょう。

「生きるのが辛い」のスピリチュアルでの象徴や意味

友達や親に話すのも嫌、たまらなく苦しい気持ちを抱えていると、知人に自分の胸の内をさらけ出すのさえ面倒になります。

朝起きることはもちろん、学校や会社に出かけるのも苦痛に思えてきます。

スピリチュアルの世界で生きるのが辛い時は「あなたなりに、人生を真面目に考えている時」をあらわします。

適当に日々を送っている人は、そもそも「苦しい」「辛い」という気持ちにならないものです。

一方で自分の心とまっすぐ向き合えることができて、仕事や勉強と正面から向き合っている人ほど、間違いや矛盾に多く気付いて、生きることが嫌になっていきます。

日々が辛く思える、苦しく感じるのは、あなたがとても賢いからです。

特別な力を持っている人だけが感じる、究極の苦しみといえるでしょう。

「生きるのが辛い」のスピリチュアルメッセージ

星の王子さまという有名な絵本の中に「さみしい時ほど、夕日を見たいと思うもの」というセリフがあります。

たしかに楽しくて日々が充実している時に見る夕日よりも、やるせない気持ちの時に見る夕日の方が美しく見えるものです。

もしあなたが「生きるのが辛い」と思っていたら、その日の夕方に綺麗な夕日を見てみましょう。

曇りや雨で美しい夕日に出会えなかったら、その次の夕日を楽しみにして、今晩は早めに眠ってみましょう。

元気いっぱいの朝日にくらべて、夕日が大人っぽく見えるのは、太陽もあなたと同じく色々な時間を過ごしてきたからです。

あんなに輝いて見える太陽だって、生きているのだもの、あなたと同じように色々な経験をして、時には傷ついたり涙をこぼしたりしています。

辛い時に無理に元気になる必要はありませんが、あなたの真上で今日も一生懸命まわっている太陽を思い出して、少しずつ明日に向かっていきましょう。

あなたはどんな時も、1人ではありません。

「生きるのが辛い」のスピリチュアル的な解釈

日々が辛い時のいいお知らせと、注意点をお伝えします。

「生きるのが辛い」いい意味での解釈

苦しみの後には、喜びも用意されています。

今がブラックの世界に思えるのは、その後にホワイトの世界が待っているからです。

苦しみを経験した分だけ、ホワイトの世界の領域は広がっていきます。

あと少しだけ、我慢してみましょう。

「生きるのが辛い」悪い意味での解釈

心が限界になってしまうと、仕事や勉強に手がつかなくなります。

これは「強制的にお休みを取ろう」と心が訴えているサインです。

会社や学校には合う、合わないもあります。

あなたの方から拒否して、行くのをやめてみましょう。

人生はまだまだこれから。

あなたに合う場所は、きっとたくさんあります。

まとめ

生きるのが辛いと思った時の、幸せのジンクスをお伝えしました。

心にキャンドルを灯す、ヒントにしてください。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする