「産土神社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「産土神社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

まだ産土(うぶすな)神社について、全然知らないし聞いたこともない人も多いかもしれません。

産土神社とは簡単にいえば「あなた専用の神社」のこと。

これから産土神社を知って関わることになれば、人生が好転することになりますよ。

「産土神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

生まれた時から死後の世界まで、あなたをずっと守ってくれるのが産土神社の産神さまです。

まったく知らないという人も、子供のお宮参りは産土詣での一種なので、知らずに産土神社を参拝している場合もあるでしょう。

産土神社は家族の氏神様と同じわけではなく、家族であっても違う神社となっているのは普通のことです。

先祖と前世と魂によって、あなただけの産土神社が決定されます。

「産土神社」のスピリチュアルメッセージ

これから産土神社を調べて参拝をすることができれば、神さまから「最大限に運気を上昇させるよ」とのメッセージを受け取れます。

不幸が続くような人でも、完全に好転してラッキーな人生になることも夢ではないです。

「産土神社」のスピリチュアル的な解釈

何よりもまずやるべきことは自分の産土神社を見つけ出すことで、それさえできれば幸福に近づけるのは間違いありません。

しかし産土神社を見つけることが困難なことや、予期せぬ結果に直面することもあるかもしれません。

「産土神社」いい意味での解釈

最初に産土神社と縁ができた時点で、全てが好転すると言われています。

例えば仕事運、金運、恋愛運などが急上昇して、願いがすぐに実現してしまう場合もあるのです。

産土神社を見つける方法としては母親の生まれた土地が基本となり、その周辺の神社を探し出し、明治時代以前に創建されたところが候補地になります。

人によっては産土神社が複数見つかることもあるでしょう。

そんな場合それぞれの祭神やご利益は違っていますが、全ての産土神社に参拝することで良いエネルギーを高めて開運につなげることができます。

「産土神社」悪い意味での解釈

年月を経た結果、産土神社がどうしても見つからない場合もあります。

そんな時には近くの神社を産土神社の代わりとしますが、本来の産土神社のご利益は期待できないでしょう。

また自分の産土神社が荒廃したり、消滅している場合も珍しくありません。

そうすると本来の神さまのエネルギーをもらうことができないことを意味しています。

荒廃している場合、お供えを用意して祈りを捧げ、神さまを呼び戻す努力が必要です。

お金があれば産土神社の再興を考えてみるのもよいでしょう。

まとめ

あなた自身の産土神社を探し出すことは、運気を最大限に上げることにつながっていました。

あらゆる面で運勢が好転するだなんて、とても魅力的なことです。

まだ産土神社を知らないならば、今から地図を開いて探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました