「田無神社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「田無神社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

都心に近いところで龍神のご利益を得るならば、田無神社がよいです。

西東京市の田無駅から6分のところにある田無神社は、鎌倉時代の後期に創建されました。

都内でもスピリチュアルな効果が高いとして評判になっていますが、ぜひ訪れてエネルギーを頂きたいものです。

「田無神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

創建した当初は尉殿(じょうどの)大権現の名で龍神を崇めていたので、東京では龍神信仰の象徴的な神社です。

参拝すれば五龍神の加護とご利益を受けることを意味します。

また主祭神となる大国主命(おおくにしのみこと)は出雲の神で、建設、医療、農業などのご利益で有名です。

級津彦命(しなつひこのみこと)と級戸辺命(しなとべのみこと)は風の神さまで、神風によって地域を守護しています。

「田無神社」のスピリチュアルメッセージ

これから田無神社を尋ねてお参りができた場合のメッセージは、「五龍神と神さまのご利益を受けて幸せになれるよ」というものです。

人生の運気を複合的に上げたい方におすすめします。

「田無神社」のスピリチュアル的な解釈

神社で祀っている五龍神や神さまは、それぞれ持っているご利益の種類が違っています。

そのためどの見どころに参拝や願掛けをするかで、あなたのエネルギーの上がり方が違ったものになるのです。

「田無神社」いい意味での解釈

境内の各地に龍神の像があるので、目的の像を全て巡ってみると良いです。

本殿の金龍は大地の神で運気上昇、青龍は植物の守護と技能、白龍は金運や良縁、赤龍は学業や勝負、黒龍は水の守護と健康や交際を象徴しています。

子育て犬は安産のご利益があると伝わる名所で、子育て親子石は子育てが上手くいくと伝わるものです。

撫龍(なでりゅう)は触ることによって龍神の神気をもらうことができます。

悪いことが続くなら、五龍神方位除けという厄除けを受けてみてください。

また福をさずかる節分祭、豊作や商売繁盛の春祭りや酉の市など、田無神社の各種イベントに合わせて訪れるのもよいでしょう。

「田無神社」悪い意味での解釈

龍神とはポジティブな人間のことが好きで、逆にネガティブな者は嫌うとされています。

そのため田無神社にお参りする時、悪意のあるお願いをすると罰当たりになってしまうので気をつけてください。

まとめ

五龍神が祀られる田無神社は、参拝することで龍神のご利益があるスポットでした。

五龍神像など運気上昇の見どころが多いのは魅力的に感じます。

東京観光をするなら、田無神社に立ち寄ってみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました