「略奪婚」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「略奪婚」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

「略奪婚」は一般的に悪いものとされ、嫌われる言葉ですが、スピリチュアル的には様々な意味があります。

必ずしも悪い意味だけではありません。

それでは詳しく見ていきましょう。

「略奪婚」のスピリチュアルでの象徴や意味

「略奪婚」「間違った人間関係」「魂のレベルアップ」などを象徴するとされています。

良くも悪くもエネルギーを奪われ、また使うことでもあります。

「略奪婚」に関わることで、健康被害を受ける可能性もあります。

しかし、自分の言動のすべてに責任を持つ、という覚悟があれば、本当の意味で幸せになることもできるのです。

「略奪婚」のスピリチュアルメッセージ

「略奪婚」「不幸な生活に別れを告げ、自分らしくやり直す」「因果応報を覚悟する」というメッセージ性があります。

「略奪婚」は一言で語れるものではなく、人によって内容は違います。

イメージとしては「悪」ですから、他者からの理解、共感は得られない、と覚悟を持っておいた方がいいでしょう。

「略奪婚」はする側も、される側も、人生が大きく変わります。

「略奪婚」のスピリチュアル的な解釈

「略奪婚」は、いい意味、悪い意味とどちらもあります。

それでは、それぞれの解釈を見ていきましょう。

「略奪婚」いい意味での解釈

一般的に「略奪婚」は悪いこととされていますが、例外も存在します。

それはすでにパートナーとの関係性が破綻していたり、劣悪な環境、状況に置かれていた場合です。

たとえば、配偶者から長年、肉体的、もしくは精神的、経済的DVを受けていた場合、その生活を継続することが本人の幸せと言えるでしょうか。

身の危険を常に感じる生活を続ける意味があるとは思えません。

このような場合、皮肉なことですが略奪者の存在が救いになることもあるのです。

つまり、実質的に関係が破綻している場合の「略奪婚」は、スピリチュアル的には「人生のやり直し」「学び」と解釈できるでしょう。

とはいえ、周囲から祝福されるかどうかは、別問題です。

「略奪婚」悪い意味での解釈

遊び感覚の不倫、浮気、誰かの幸せを妬み破壊する、そのような始まりからの「略奪婚」は、スピリチュアル的に「因果応報」「自業自得」という解釈になります。

刺激的で楽しい生活はすぐに終わりを迎え、その後に続くのは苦しみと後悔です。

また、周囲に悩みを話しても「自分がしたことを考えなさい」と冷たく突き放されることでしょう。

心ある友人、家族は去り、孤独が待っています。

一方「略奪婚」によって、傷つけられた恋人、配偶者は、一時的に悲しみのどん底を味わいますが、いずれ「本当の相手」とめぐり逢ったり、不幸な関係性から抜け出したことにより、幸せを手にすることができることでしょう。

まとめ

「略奪婚」は、その内容によってスピリチュアルメッセージがまったく違うものとなります。

「結婚生活」と同様、一つの意味でまとめられるほど単純なものではないのです。

深い意味を考えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました