「白い月」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「白い月」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

月は昔から愛されてきました。

日本なら、古くは平安時代から、月見酒など楽しんでいた者も多かったと思います。

その他、太陰暦と言われ、今で言うカレンダーのような役割もしてきましたね。

また、パワーストーンとのつながりも多く、女性には特に愛されている物体ではないかと思います。

そんな神秘的に見える月ですが、やはりスピリチュアル効果も高く、人の体や精神に色々と影響してきます。

では一体どういった力があるのか、見ていきましょう。

「白い月」のスピリチュアルでの象徴や意味

基本的に目に見える月は白い月と呼ばれています。

古代インドの暦では白月(びゃくがつ)という言葉があり、これは新月から満月までの間を指します。

そして、その間、肉体的にも精神的にもどんどんと解放される方へ向かって行きます。

小さな種が目を出してぐんぐんと延びていくように、月が満ちていくことで、あなたの意識も引っ張られていくはずです。

満月になると目標が達成するので、白い月が出ている間に目標設定をするとよいでしょう。

「白い月」のスピリチュアルメッセージ

自分の持っている感覚が研ぎ澄まされていくときです。

目標を設定している人は満月に向けて、どんどんと自分の中にエネルギーが貯まっていくのを感じるでしょう。

白い月はあなたの潜在能力を開花させるお手伝いをしてくれます。

そして、人の持つ感情もどんどんと高めていくので、芸術家思考の方は、この時期に作品を作ることによって、いいものができるかもしれません。

「白い月」のスピリチュアル的な解釈

白い月は私たちの能力を高めるお手伝いをしてくれる強い味方です。

何か気持ち的に躓いていたり、落ち込んでいたりする時、月の力を頼ってみてください。

感情を高めてくれる作用があるので、気持ち的に明るくなるかもしれません。

月は人の潜在能力とシンクロしています。

そして、白い月は、その能力を高めてくれる効果があるのです。

「白い月」いい意味での解釈

白い月は私たちの身近にあり、エネルギーを与えてくれます。

そして、満月の夜にその力を発揮させてくれます。

逆にその力を発揮することで、全ての事柄を浄化してくれる作用もあります。

満月の夜、月光浴をすることで、もやもやとした嫌な気分や、落ち込んでいる気分を晴れやかにしてくれるでしょう。

「白い月」悪い意味での解釈

白い月とは反対の黒い月もあります。

こちらは白い月以上のエネルギーを持っているため、本能や欲望が爆発してしまうので、注意しましょう。

まとめ

月は昔から神秘的な力を秘めているものとして、愛されてきました。

晴れた日の夜、月を眺めてゆっくりするのもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました