「白い煙」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「白い煙」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

家でも道端でも、ふとした瞬間に白い煙が現れていたことはないですか?それは焚き火やバーベキューの煙じゃないの?なんて言う人もいますが、火は近くになく、朝霧でもないならば不思議だったり怖いとしか言いようがありません。

神秘的に感じられる白い煙とは、スピリチュアルな観点ではどんな回答が得られるのでしょうか。

「白い煙」のスピリチュアルでの象徴や意味

どこかで火や霧に関係のない白い煙が見えたなら、それは確実に超常的なエネルギーの可能性があります。

その白い煙は写真に撮影されるオーブと呼ばれるものと同じで、魂が漂っていたり、地上のエネルギーが滞留している象徴的現象です。

それが善良に感じれば守護霊の類の場合があります。

一方で悪意を感じ取れるなら、悪霊や生霊の類であるかもしれません。

また生きている人から白い煙が漂い場合には、汗が気化しているとも言いますが、実は生命のオーラが見えていると言われています。

「白い煙」のスピリチュアルメッセージ

もしどこかで不思議な白い煙を見ることがあれば、ポジティブならば「守護霊やスピリチュアルなエネルギーが近くにあるよ」というメッセージになります。

一方ネガティブの場合は「悪意のある存在が近くにいるよ」という警告がされているでしょう。

「白い煙」のスピリチュアル的な解釈

ある時に目撃した白い煙がどこで発生してどんな感じだったかで、善悪の種類を見分けられることもあります。

悪いものの場合には不幸をもたらすので、それなりの対策が必要です。

「白い煙」いい意味での解釈

写真を撮って白い煙がかかったような状態は、霊体を含むスピリチュアルなエネルギーが写されたものとされています。

白い光に見えていれば、基本的に善良で幸福をもたらすものが多いようです。

自宅の仏間で白い煙が現れるのは、先祖霊や守護霊の場合があります。

お線香やお水をあげて挨拶をすれば、何事もなく過ごせることでしょう。

神社などの神域で白い煙が現れたようになっているのは、神さまにかかわる現象と解釈ができます。

それが悪いものと感じなければ、良いことが訪れる前兆になりそうです。

「白い煙」悪い意味での解釈

もしも白い煙が人を形作ったり渦巻いたりとうごめいて、悪意を感じるならば悪霊の類であると言われています。

それに近づくと危険や不幸を招くことになるのでよくありません。

古いものや人形から白い煙が出ているのも、悪いものが付いている可能性があります。

所有していて不幸なことが起きたりするなら、神社やお寺などでお焚き上げをしてもらうのが良いです。

まとめ

急に遭遇する不思議な白い煙とは、守護霊やエネルギーや悪霊の存在が具現化しているものでした。

善良な白い煙ならば良いですが、悪意のある霊魂だと困ったことです。

それが何なのか判断して、適切な行動を取ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました