「目黒不動尊」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「目黒不動尊」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

古来より信仰される目黒不動尊は、日本三大不動にも数えられる東京屈指のパワースポットです。

正式名称は泰叡山瀧泉寺(たいえいざんりゅうせんじ)といい、808年に円仁によって創建されました。

かつては徳川家光も崇拝したというお不動さんの、スピリチュアルな影響についてお知らせします。

「目黒不動尊」のスピリチュアルでの象徴や意味

階段の上の本堂でご本尊となってきたのが、怒りの表情を浮かべた不動明王です。

この明王は人の煩悩を断ち切り、悪しき心を燃やし砕いて正しい道に導くと言われています。

そのため目黒不動尊は厄除けはもちろんのこと、開運招福、勝ち運が付くなどのご利益があるところです。

また龍泉寺というように水の神龍神を祀るところでもあり、龍神の加護を受けて金運上昇や対人関係の改善、健康長寿などのご利益も受けられるでしょう。

「目黒不動尊」のスピリチュアルメッセージ

あなたが目黒不動尊に参拝するのなら、「煩悩や悪しき心を消し去るよ」とか「ご利益を受けて人生が好転させて」というメッセージです。

日々お疲れのかたは、できるだけ早めに目黒不動尊に行くべきでしょう。

「目黒不動尊」のスピリチュアル的な解釈

住宅地内にある境内は広々としていて、目黒不動尊ならではの見どころがたっぷりとあります。

その魅力の全てはご利益をもたらしてくれるので、全てのパワースポットを訪ねるのが良いです。

「目黒不動尊」いい意味での解釈

水かけ不動明王は、心のひしゃくで水をかけて祈ることで、拝む人の身代わりに水に打たれ、厄除けと病気平癒をもたらすと言われています。

本堂裏手には江戸時代に作られた高さ385cmもある大日如来像がありますが、拝むことで己や周囲のすべての邪気を取り除くご利益があるとのことです。

そして愛染明王に拝めば、縁結びが実現すると言われているので女性は大注目でしょう。

毎月開催の縁日は、神仏のご利益が何倍にもなる日です。

特に28日の縁日は多くの露天商が登場し、幸福な気持ちを高めてくれます。

目黒不動尊に行ったら厄除けの不動剣、身代わり剣先守り、縁結び守りなどのお守りも忘れずに手に入れるのがおすすめです。

「目黒不動尊」悪い意味での解釈

煩悩を消し悪しき心を燃やす不動明王ですが、拝んだ後も悪心が湧くなら悪いエネルギーが溜まり過ぎているのかもしれません。

目黒不動尊の参拝を繰り返し、心の浄化を続けていく必要があるでしょう。

まとめ

円仁が開いた目黒不動尊とは、煩悩や邪気を消し、開運招福を得られるありがたいところでした。

境内にはご利益のある見どころもあり、何より28日の縁日も楽しみです。

こんどの東京観光には、ぜひ目黒不動尊を加えてみたいです。

タイトルとURLをコピーしました