「瞼が重い時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「瞼が重い時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

時々なんだか瞼(まぶた)が重たく感じることがないですか?それは単なる疲れ目だとも言いますが、眼瞼下垂(がんけんかすい)という、まぶたが下がる症状かもしれないので 気になるところです。

ではスピリチュアル的に見て、瞼が重たいことは何を意味するのかを探って行くことにします。

「瞼が重い時」のスピリチュアルでの象徴や意味

目とは人が世界を見たり知るための部位ですが、スピリチュアルでは、目は人の霊魂からのエネルギーの状態を確認できる場所であると捉えられています。

「目は心の窓」と言うのはそのためです。

目のトラブルは心のトラブルを象徴する出来事になります。

眠たくはないけれど瞼が重たいという状態は、気力やエネルギーが低下してしまったことを意味しているでしょう。

ぼーっとするような気分まで伴うこともあり、仕事のやる気が失せていたり、集中力が切れているようなことが多いです。

また瞼が重いことは運気が低下している状態であり、良くないことが起きる前触れとも言われています。

「瞼が重い時」のスピリチュアルメッセージ

ある時に瞼が重たい状態になったら、「気力や運気が低下しているよ」という忠告のメッセージです。

また「気力を回復してね」というアドバイスも現れています。

「瞼が重い時」のスピリチュアル的な解釈

これから瞼が重たい状況になったとしても、きちんと対策をすれば気力も運気も回復することができるので安心してよいです。

しかしそれを放置することは、悪化を招いてしまうので注意してください。

「瞼が重い時」いい意味での解釈

眠気はないけれど瞼が重たい状態は、心と体のリフレッシュをすれば改善することになります。

何より仕事や家事などで、無理をし過ぎないことが重要です。

たとえば休日を多めに取ったり、嫌なことや嫌な人からしばらく離れたり、癒やしのリラックス空間でのんびり過ごすということも効果を上げます。

ネットカフェに行ったりキャンプ場で過ごしたり、ペットと過ごすなど一番癒される方法を選んでみてください。

眠気があるならぐっすりと寝ることも、気力やエネルギーを高めることに繋がります。

「瞼が重い時」悪い意味での解釈

この状態を放置していると、気力が低下したまま停滞することになります。

やる気も根気も失せ、運勢も悪いまま引きずってしまうでしょう。

だから早めに気力や運気を上げる対策が必要になります。

まとめ

自分の瞼が重たいということは、気力や運気の低下を示していました。

放置すると問題があるので、心身のリフレッシュをするのが一番ということでした。

心から癒される方法を見つけて、実践してみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました