「石割神社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「石割神社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

ご利益と絶景で人気の石割神社は、山梨県を代表するパワースポットの1つです。

標高1412mで山梨百名山にも入る石割山にあり、古来より天の岩戸神話に係わるヤマトして有名でした。

石割神社はスピリチュアルなエネルギーがとても高いと評判で、登山をするにも断然おすすめします。

「石割神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

ふもとの鳥居から続く403段のとても長い石段と山道を登り、石割山の八合目にたどり着くと石割神社があります。

祭神はあ天手力男命(あめのたぢからおのみこと)で、天の岩戸神話で天照大神を岩屋からひっぱり出した神さまです。

古来より怪力の象徴であり、参拝することで体力が付いて開運の意味があり、スポーツを志す人に人気があります。

境内の高さが15mの大岩は御神体であり、むかしから開運の象徴であり続けてきました。

「石割神社」のスピリチュアルメッセージ

もし石割神社にたどり着居て拝むことができたなら、神さまから「体力と運勢を向上させてあげるよ」というメッセージが伝えられることになります。

体力が無くて困っている人にはぴったりです。

「石割神社」のスピリチュアル的な解釈

参拝をした時にご利益を最大限まで高めたいなら、石割神社の御神体の大岩や、山頂からの景色は見逃せません。

山自体のエネルギーをいただくことができる魅力は大きいものがあります。

「石割神社」いい意味での解釈

御神体となっている大岩は真っ二つに割れていますが、時計回りに3回まわることによって開運できると信じられてきました。

狭くてカニ歩きする必要があり、足元も悪いので気をつけて挑んでください。

石割神社からさらにのぼると山頂ですが、そこで富士山を見ることができれば幸福を得られるサインです。

しかも山頂からは山中湖や南アルプスの絶景が楽しめるので、自然のパワーを取り込んで清々しい気持ちになれるでしょう。

「石割神社」悪い意味での解釈

この石割山は低山のようですが道のりは厳しいので、体力がないと参拝することができません。

途中で諦めると運気の低下を招いてしまうことになります。

参拝する前には体力づくりをして、当日は体調チェックをしてから登山に挑むのが良いです。

まとめ

山の中にある石割神社は、体力と運気の上昇というご利益のあるパワースポットでした。

しかも神社の御神体でますますラッキーが上昇するし、山頂からの藤の絶景も魅力的です。

山梨で登山を考えているなら、ぜひ石割山を目指してみてください。

タイトルとURLをコピーしました