「祐徳稲荷神社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「祐徳稲荷神社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

「祐徳稲荷神社」の持つ「スピリチュアル的な意味・象徴・メッセージ」について詳しく説明していきます。

「祐徳稲荷神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

佐賀県にある「祐徳稲荷神社(ゆうとくいなりじんじゃ)」は、豊川稲荷神社(愛知県)・伏見稲荷大社(京都府)と並ぶ日本三大稲荷の一つです。

「祐徳稲荷神社」はスピリチュアルな世界では、「衣食住をはじめとする基本的な欲求と生活の安定が確実に満たされること」を象徴しています。

「祐徳稲荷神社」の狐・荼枳尼天(だきにてん)に祈ると、「現世利益の功徳を得られるが大きな代償も必要になる」の意味があります。

倉稲魂命(ウカノミタマ)に祈ると、「堅実な人生設計をリアルなかたちにしていくことができる」という意味で解釈できます。

「祐徳稲荷神社」のスピリチュアルメッセージ

「祐徳稲荷神社」のスピリチュアルメッセージは、「破格の成功をしたいとか大金を手に入れたいとかいう現世利益を願うのであれば、それに見合った犠牲も覚悟する必要があります」になります。

フリーランチでの大成功はあり得ないのです。

「祐徳稲荷神社」は、「衣食住に不足することなく、強い意志を持って追い続けている夢・恋愛を現実のものにすることができます」のメッセージを送り届けています。

「祐徳稲荷神社」のスピリチュアル的な解釈

「祐徳稲荷神社」のスピリチュアル的な解釈には、「いい意味の解釈」「悪い意味の解釈」があります。

それぞれの意味の解釈を分かりやすく紹介していきます。

「祐徳稲荷神社」いい意味での解釈

「祐徳稲荷神社」のいい意味での解釈は、「お金や社会的地位を獲得したいという願いを聞き届けてもらえるが、それ相応の対価を差し出す必要も出てくる」という解釈になります。

「祐徳稲荷神社」には、「純粋な気持ちで付き合いたいと想い続けてきた相手との恋愛が成就しやすくなっている運勢」といった意味もあります。

「祐徳稲荷神社」悪い意味での解釈

「祐徳稲荷神社」の悪い意味での解釈は、「荼枳尼天(だきにてん)に欲張りな願いごとをしすぎると、その反動で大きな自己犠牲を求められて困ることもある運気」になります。

「祐徳稲荷神社」は、「縁結びと縁切りの両方の効果がありますが、あまりに自己中心的な欲求を抱くと、誰にも本気で相手にしてもらえなくなるリスク」も指し示しています。

まとめ

「祐徳稲荷神社」「スピリチュアル的な意味」を分かりやすく解説しましたがいかがでしたか?

「祐徳稲荷神社」「象徴・スピリチュアルメッセージ」について詳細を調べたいという人は、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました