PR

「神楽鈴」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「神楽鈴」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

神社に行くと、神聖な鈴の音が聞こえることも。

神楽鈴のジンクスを見ていきましょう。

「神楽鈴」のスピリチュアルでの象徴や意味

神楽鈴は「かぐらすず」と呼ばれるもの。

初詣や神前結婚式で、巫女さんがつかいます。

また能や歌舞伎の演出に用いられることも。

持ち手がえんじ色をしていて、先に金色の鈴の玉がいくつも付いています。

神楽鈴を振ると邪気払いができ、周囲の人に明るいパワーが宿ります。

また鈴の音には「心をしずめてくれる」という作用もあって、興奮しすぎたエネルギーを引っ込めてくれます。

聞いているうちに心が引き締まり、神様と向き合っている気持ちになれます。

耳にする機会があったら、ぜひ目を閉じて、心の器に神聖なエネルギーを入れてみてください。

「神楽鈴」のスピリチュアルメッセージ

神社の催し物の時に、神楽鈴は用いられます。

神楽鈴を直接ふる機会はないかもしれませんが、神楽鈴の音色を聞くことはできるはず。

参拝や祈祷でシャランシャランという美しい音が聞こえてきたら、五感でその豊かさを感じ取ってください。

耳から入ったエネルギーが喉元をとおって、五臓六腑に染みわたります。

「禊」もおこなってくれるので「改めたいな」と思うことと、丁寧に向き合えるようになります。

自分らしく生きるためのリセットボタンを押してくれるので、清らかな気持ちで迎え入れてください。

「神楽鈴」のスピリチュアル的な解釈

神楽鈴のいいお知らせと、注意点を見ていきましょう。

「神楽鈴」いい意味での解釈

神社の神様が大好きなのが、鈴の音色です。

心の奥まで洗ってくれる作用もあり、またポジティブな気持ちに導いてくれます。

素直な気持ちに整えてくれるので、強がりを抑えて愛らしい人に仕立ててくれます。

神様があなたの内面を平らにしてくれているので、優しく感じ取って「魅力的なあなた」になっていきましょう。

「神楽鈴」悪い意味での解釈

神楽鈴には悪霊払いという、おごそかな意味もあります。

悪霊払いというと恐ろしく聞こえますが、誰の心の中にも悪霊はいるもの。

嘘をつく、見栄を張る、意地悪をするなども「悪霊の行為」にあたります。

こうしたバランスの悪さを見抜いて、整えてくれるのが神楽鈴のメリット。

ぜひあなたらしく、そして幸せに生きるためにエネルギーの調整をおこなっていきましょう。

まとめ

神楽鈴のジンクスをお伝えしました。

美しい鈴には、神様との結びつきがあらわれています。

いい答えを知って、あなたらしい人生に結び付けてください。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする