「神社で蝶を見る時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「神社で蝶を見る時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

神社に参拝に行ったとき、美しい蝶を見ることがあります。

どのようなジンクスがあるのか、見ていきましょう。

「神社で蝶を見る時」のスピリチュアルでの象徴や意味

襟を正したくなる神社で蝶を見ると、神聖な気持ちになります。

もともと蝶は幸運のシンボル。

良縁やお金をもたらす守り神として知られています。

このケースでは神社が舞台になっているので、さらにそうした作用を強く受けます。

八百万の神々のパワーを授かりながら出会いと富に恵まれる、うれしい暗示です。

めったに訪れない幸せな出来事を、心から噛みしめておきましょう。

「神社で蝶を見る時」のスピリチュアルメッセージ

神社で蝶を見ると、様々な幸運を授かるというありがたいご利益があります。

神様のご加護を受けながら、あなたの恋愛運と金運が上がっていきます。

とくに縁結びのパワーは絶大。

蝶を見たあと、運命の人に出会える確率も上がっています。

アクティブに動くほど、多くの出会いが入ってくる兆し。

いつもより行動範囲を広げて、最高のご縁をつかんでみてください。

また収入が上がって、富に恵まれるという作用もあります。

職場での待遇が上がるほか、サイドビジネスで巨万の富を築けることもありそうです。

いつもよりアンテナを立てて、色々なことに興味関心を抱いておきましょう。

「神社で蝶を見る時」のスピリチュアル的な解釈

神社で蝶を見る場合の、良い解釈と気になる解釈を見ていきましょう。

「神社で蝶を見る時」いい意味での解釈

神社で蝶を見ると、運気が上がっていきます。

神風が吹いたように、あらゆることが伸びていきます。

縁結びや金運の作用が強いので、片思いが成就したり経済的にゆとりが出てきたり、生活のクオリティが上がっていきます。

良い波動を受けられるように、神社にお礼参りに行ってみてください。

神様が気を良くしてくれ、あなたをさらに強力な力で守ってくれます。

「神社で蝶を見る時」悪い意味での解釈

神社で蝶を見かけるのは、全体的にいい意味が多いです。

ただ蝶を見て、悲観的な気分になったときは要注意。

運気の波動が、弱まっている疑いがあります。

物事をマイナスに受け取りやすくなっているので、できるだけ明るい面を見るように「心の癖」を整えていきましょう。

思い方を工夫していけば、必ず良いことが起こります。

まとめ

神社で蝶を見る時のスピリチュアルなメッセージをお伝えしました。

神聖な場所で見る蝶には、縁結びと金運アップのご利益があります。

神様の愛を感じながら、清らかな明日へ向かってください。

タイトルとURLをコピーしました