「神社で猫と目が合う時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「神社で猫と目が合う時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

どこかの神社を訪ねてみれば、猫の姿を見かけることは珍しくないことです。

黒猫、三毛猫、茶トラとさまざまにいる神社の猫ですが、時折猫がじーっと視線を投げかけてくることもあります。

神社の猫と目が合う出来事は、なにかスピリチュアルな意味があるのかと気になるところです。

「神社で猫と目が合う時」のスピリチュアルでの象徴や意味

神社とは神さまの居場所であり、邪気を払って浄化をもたらし、訪れる人にご利益をもたらす聖なる場所です。

一方で猫は古来より神さまの使いの動物であり、ねずみや害虫を駆除して米蔵や家を守ることから縁起が良い動物と言われてきました。

猫は人と運命的なつながりを持ち、浄化と幸運をもたらす存在です。

そんな猫と神社で出会うことは、運気上昇の象徴的な出来事になっています。

猫が人に目を合わせてくるのは、神さまに見られて品定めをされているのと同じことです。

そして 猫は視線によって幸福をもたらすサインを出していたり、逆に警戒のサインを出している場合もあります。

「神社で猫と目が合う時」のスピリチュアルメッセージ

もし神社の猫とあなたの視線が合う場合、ポジティブな視線なら「運勢は良い状態だよ」「これから良いことが起きるよ」というメッセージです。

逆にネガティブな感じなら「今後の展開に気をつけて」というメッセージにもなります。

「神社で猫と目が合う時」のスピリチュアル的な解釈

その神社にいる猫がどんなふうにあなたを見つめているかで、未来の出来事を知ることができます。

その猫の視線を元にして、今後の行動を取ってみると良いでしょう。

「神社で猫と目が合う時」いい意味での解釈

もし神社で猫に優しげに見つめられたなら、現在の状態は良い方に向かっていることの現れです。

猫が見つめながら近寄ってきたなら、ますます幸福なことは近づいて来ることになりそうです。

猫の毛色によって、違った解釈もできます。

三毛猫は全体運の向上、白猫は恋愛運の上昇、黒猫は厄除け、茶トラは家庭円満に繋がると解釈ができます。

また神社で猫が集会している時に多くの猫に好意的に見られたら、それだけ多くの良いことが起きる予兆と解釈できるでしょう。

「神社で猫と目が合う時」悪い意味での解釈

もし神社の猫があなたと目を合わせて逃げてしまった場合、それはあなたの邪気が強かったり、危険なことの予兆となっているので注意です。

複数の猫に警戒されて見られた場合、その良くない出来事のダメージは大きくなるかもしれません。

原因を考えて対策をする必要がありそうです。

まとめ

訪れた神社で猫と目が合う出来事は、神さまからの幸福や注意のサインになっていました。

神社の猫はただのんびりと過ごしているだけはなかったようです。

今後神社に行く機会があれば、猫の様子をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました