「神社にカマキリがいる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「神社にカマキリがいる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

何処かの神社に参拝した時、カマキリと遭遇したことがありましたか?カマキリは夏から秋にかけて成虫になりますが、怖いと毛嫌いする人も多い虫です。

しかし害虫を食べる益虫としても認知される存在でもありました。

では神社でカマキリに会うことは、どういった示唆を含むものなのかは知りたいところです。

「神社にカマキリがいる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

古くからカマキリは拝み虫と呼ばれ、英語圏ではプレイングマンティス(拝む予言者)と言われたように、神さまのお使いという意味がありました。

神社とは神さまが降臨する場所、神威の強い聖域であり、そこにカマキリがいることは訪れる人が神に見守られ、浄化されたり幸福を授けられることの象徴です。

そしてカマキリとはじっくり周囲の状況を見て動く虫なので、真実の見極めや分析の象徴でもあります。

卵から成虫まで姿を変えるために変化することの象徴であり、困難を乗り越えることも表しているでしょう。

だから神社にカマキリがいれば、そのご利益が得られることを神さまが伝えていることを意味しています。

「神社にカマキリがいる時」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが神社を訪れた時にカマキリに出会ったら、「神さまの守護を受けているよ」であったり「困難を乗り越えて良い変化が起きるよ」というメッセージです。

いま人生の良い変化を希望している人には、喜ばしい知らせになります。

「神社にカマキリがいる時」のスピリチュアル的な解釈

神社で遭遇するカマキリがどんな行動を取ったかで、その意味合いとご利益は違うものになります。

じっくりとカマキリの動きを観察してみるのが良いです。

「神社にカマキリがいる時」いい意味での解釈

もし神社のカマキリが目の前で飛んだ場合、神様によって目標に向かえば成功できることが示されたと解釈できます。

そしてカマキリが獲物を捕らえて食べている姿があったら、目標が達成できて神のご利益を得ることの現れです。

そして神社でカマキリが体にくっついて来た場合は、神さまにより幸福の前兆が示されたということができます。

神社でカマキリを捕まえた時も、急激にご神徳が得られることの現れです。

小さなカマキリに遭遇したなら、神さまの守護を受けながら困難を超えて成長できると解釈できます。

また一般的に死んだカマキリは不幸の前触れと言われます。

しかし神に見守られていた神社で死骸を見た場合、古いことの終わりを告げて新しいことが始まる意味合いが強いため、気にする必要はなさそうです。

「神社にカマキリがいる時」悪い意味での解釈

神さまのご利益のある神社カマキリですが、もしこれをネガティブな感じに見た場合、運気の低下を示しています。

神さまのご利益を得るためには、カマキリを良いものと見られるよう、心の変革が必要です。

まとめ

どこかの神社でカマキリに遭遇したら、神さまの守護があり良い変化が訪れることが示されていました。

春から秋にかけてはカマキリを見る機会が増えます。

お休みの日はぜひ、縁起の良い神社カマキリを見つけに行ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました