「神社にトカゲがいる場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「神社にトカゲがいる場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

地面にひょっこりと姿を表すトカゲに、近ごろ遭遇していませんでしたか?

実はトカゲは古くからユーラシアや環太平洋地域では、神や竜神の使いであると言われてきました。

特に厳かな神社の境内にトカゲがいる場合、スピリチュアル的な効果が高いといわれているのです。

その意味や解釈に迫ってみることにしましょう。

「神社にトカゲがいる場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

神社に参拝した時にトカゲの姿があった場合、それはまさに神様が近くにいることを象徴しています。

またトカゲの出現は金運が上げるという意味もあり、神社に出現することでその効果は大きなものになっているとされます。

「神社にトカゲがいる場合」のスピリチュアルメッセージ

そのトカゲが神社に現れているなら、神様からの「これからとても良いことがあるよ」というメッセージです。

しかもトカゲはとても素早い動きが特徴なので、「すぐに行動を起こすことでいいことがあるよ」というメッセージ性も高くなっています。

トカゲを見ることは神の祝福を得ている証明なので、写真にとってみるのもよいです。

「神社にトカゲがいる場合」のスピリチュアル的な解釈

例えば神社でトカゲの姿を見たら、迷っていたことをすぐに実行してみると良いです。

例えば新しい仕事に応募してみる、デートに誘ってみる、釣りにでかけてみるなどです。

いずれの行動をとっても、単純にトカゲを見ただけよりも、ずっと良い結果が期待できます。

すぐに宝くじを買ってみたりと、お金を増やせる行動を取ってみるのも良いことです。

「神社にトカゲがいる場合」いい意味での解釈

もし神社の拝殿や本殿にトカゲがいた場合には、もっとも縁起が良い状態です。

自信と勇気を持って機敏に物事に取り組むことによって、良い結果が期待できるでしょう。

春に神社を訪れてトカゲを見たならば、1年を通じてよい状態をキープできるようになります。

「神社にトカゲがいる場合」悪い意味での解釈

一般的に神社のトカゲはポジティブな要素だらけですが、唯一の例外は境内で死んだトカゲを見た場合です。

これは幸運とは逆に不吉を象徴するサインになっています。

「これから悪いことが起きるよ」と神さまが注意を促してくれているので、前向きに捉えてみてください。

まとめ

神の使いであるトカゲが神社に現れたなら、それはこれからとても良いことが起こるというメッセージでした。

そしてすぐに行動することによってその願いは実現しやすくなります。

何か実現してみたい希望があるならば、神社のトカゲを見て叶えてみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました