「神社に鳥がいる場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「神社に鳥がいる場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

神社に願掛けに出かけて、鳥を見かけることがあります。

どのようなジンクスがあるのか、見ていきましょう。

「神社に鳥がいる場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

神社に足を運んで、鳥を見かける場合があります。

日向ぼっこや砂浴びをしている姿を見ると、温かい気持ちになります。

こうしたサインは「願いが叶う」というメッセージがあります。

あたたかい羽毛で包まれた鳥は、幸せを運ぶメッセーンジャーとして知られています。

そして神社は神様のお住まいがある、神聖なスポットです。

清らかな神社で見る鳥は、神様のお導きによってあなたの運気が上がっていくという伝言があります。

「神社に鳥がいる場合」のスピリチュアルメッセージ

参拝に行って鳥を見かけたら、あなたの願いが叶っていくというメッセージがあります。

神様が日ごろのあなたの行いを見ていて、とても感心しているようです。

自分の利益より、いつも世の中のことを考えているあなた。

人の見ていない所でも、清く正しく生きているみたいです。

あなたが神様に向かって「叶えてほしい」とお願いしたことは、明日から現実のものになっていきます。

これまで通り信心深い心を大切にしながら、前を向いて過ごしてみてください。

恋愛運、仕事運、学業運、すべて上がっていきます。

「神社に鳥がいる場合」のスピリチュアル的な解釈

神社に鳥がいる場合の、いい解釈と注意点を見ていきましょう。

「神社に鳥がいる場合」いい意味での解釈

神社に鳥がいるのは、ラッキーなことが訪れる前触れです。

神社は大きな気が宿っているパワースポット。

真っ赤な鳥居を境にして人間が暮らす俗界と、神様が暮らす神域に分かれています。

そのため神社の敷地内で見る鳥は、神々しい力をもっています。

あなたの願いを叶えてくれるよう、強く働きかけています。

心の中で会釈をして、感謝の気持ちをお送りしましょう。

「神社に鳥がいる場合」悪い意味での解釈

神社の鳥は、幸せのサインです。

けれども夜間の時間に神社で鳥を見たときは、あまり好ましくないメッセージがあります。

一部の神社をのぞいて夜間は、参拝にふさわしくない時間帯。

神様もお休みしているので、勝手に敷地に入ると怒られてしまいます。

明るい朝や昼の時間帯に変えるなど、あらためてお参りするようにしましょう。

まとめ

神社に鳥がいる場合の、ジンクスを見てきました。

このようなシチュエーションは「願いが叶う」という伝言があります。

いいジンクスを知って、大きな幸せを見つけてください。

タイトルとURLをコピーしました