PR

「神社の銀杏」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「神社の銀杏」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

神社には銀杏のなるイチョウの木がよく植えられています。

秋が近づく季節になると神社に銀杏が落ちている光景をよく目にすると思います。

独特な香りを放つ銀杏。

好き嫌いも分かれますが、神社の銀杏にはどんなスピリチュアルの意味があるのか知っておきましょう。

「神社の銀杏」のスピリチュアルでの象徴や意味

神社の銀杏は、幸運を運んできてくれる神聖な存在。

幸運は人によって様々ですが、黄色のカラーが特徴的なイチョウの木からなる銀杏は特に金運アップが期待できます。

「神社の銀杏」のスピリチュアルメッセージ

神社の銀杏を見かけたら、今自分は幸運に近づけていると喜びましょう。

金運アップが期待できる銀杏を目にするだけでもその嬉しい効果をのちに実感することができるはずです。

身長のあるイチョウの木は、神社の敷地内にあるだけで存在感を放ちます。

銀杏だけでなく大きくのびるイチョウの木を見上げ、禁止されておらず可能であれば、木に触れてみるのも良いでしょう。

幸運を吸収、手にすることができることでしょう。

「神社の銀杏」のスピリチュアル的な解釈

スピリチュアルの世界で魂レベルや波動の高いものは高い場所にあるともされています。

身長の高いイチョウの木も波動の高さを感じさせる存在。

イチョウの木から落ちてくる銀杏にはそのエネルギーがギュッとつまっています。

「神社の銀杏」いい意味での解釈

雨と太陽を浴びてぐんぐん育つイチョウの木。

そこから実る銀杏。

天からの恵み、雨と太陽がもつスピリチュアルパワーはとても偉大です。

神社を訪れた時に不思議と日差しが差し込む時には特に、そのパワーが高まっている状態です。

よく晴れた日に神社の銀杏という景色に出会えた時は貴方の運気がとても高まっているのだと、自信をもって毎日を過ごしていきましょう。

前向きな気持ちも運気をさらに高めてくれます。

「神社の銀杏」悪い意味での解釈

幸運に近づける神社の銀杏、そして天からの恵みの雨ですが、場合によっては運気を変えてしまうこともあるので注意が必要。

石などが多く使われている神社では天気の悪い日には滑りやすくなっている箇所もあります。

神社で転んでしまうことは縁起が良いとはいえません。

せっかく幸運に近づくことのできる神社に銀杏というシーンであっても、足元には気を付けて歩くようにしましょう。

まとめ

大きいなイチョウの木はその神社のシンボルとなっていることも多いもの。

今までは気に留めていなかったという人も、まずは近所の神社に銀杏のなるイチョウの木がないか探して是非、幸運を手にしてみてくださいね。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする