「秋分の日」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「秋分の日」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

九月の終わりにやって来るのが、秋分の日です。

秋分の日にまつわるジンクスを見ていきましょう。

「秋分の日」のスピリチュアルでの象徴や意味

祝日のひとつである秋分の日。

秋のお休みであることは知っていても、詳しくは分からないという方も多いのではないでしょうか。

秋分の日はもともとは二十四節気のひとつ。

季節の区切りをあらわすイベントで、昼と夜の長さが同じくらいの日をあらわします。

そのため秋分の日を境にして、季節は夏から秋に本格的に進んでいきます。

スピリチュアルの世界で秋分の日は、あの世とこの世が結びつく日。

お彼岸の中日にあたり、お墓参りをしてご先祖様に挨拶をする日となっています。

亡くなった方に手を合わせ近況を報告すると、あなたの運気も上がっていきます。

生前にお世話になった方に、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

「秋分の日」のスピリチュアルメッセージ

秋分の日はスピリチュアルの世界では、とてもパワーの強い日です。

陽と陰のパワーが等しくなるので、何かをおこなうのにも最適な日です。

ご先祖様のお墓参りをすませたら、家族みんなで仲良くご飯を食べるのも良いでしょう。

また秋分の日に食べるといいものに「おはぎ」があります。

おはぎに入っている小豆には、邪気を払う作用もあります。

おいしく食べられることに感謝をしながら、美味しいおはぎを口にしてみましょう。

気持ちが明るくなって、その後も健やかに暮らせます。

「秋分の日」のスピリチュアル的な解釈

秋分の日のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「秋分の日」いい意味での解釈

秋分の日は亡くなった方と心をつなぎ、これからも元気で過ごせるようにお祈りする日です。

また昼と夜の長さが同じであることから「いいエネルギーを授けてくれる」日になっています。

偏りがちなメンタルを整えてくれ、穏やかで健やかな心境に導いてくれます。

浄化としての作用もあるので、朝や夕方に瞑想やヨガをして心を整えるのもおすすめです。

「秋分の日」悪い意味での解釈

秋分の日の朝日には、素晴らしいパワーが宿っています。

朝寝坊するとこのエネルギーが半減してしまうので、少し早起きをして朝日を浴びられるよう調整をしてみましょう。

太陽から多くのポジティブな気をもらい、心も体もオレンジ色に染まっていきます。

まとめ

秋分の日のスピリチュアルサインを見てきました。

お彼岸の中日でもある秋分の日は、ご先祖様に感謝をする日です。

また浄化や揺らぎの調整という、うれしいご利益もあります。

美味しいおはぎを食べながら、優しい気分になってください。

タイトルとURLをコピーしました