「秋葉神社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「秋葉神社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

火難避けのご利益で有名な、秋葉神社を訪ねたことがありますか。

その総本社は浜松の秋葉山本宮秋葉山神社で、和銅2年(709年)に創建されました。

新潟の秋葉三尺坊大権現と合わせて、今の根本と呼ばれています。

ここでは浜松の秋葉神社のスピリチュアル的な魅力を中心にして、秋葉神社の真相に迫ることにします。

「秋葉神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

総本社である浜松の秋葉神社は、江戸時代以前から秋葉権現を祭神としていました。

秋葉権現とは一説に土着の神、または大己貴命や大黒天、または三尺坊であるとも言われます。

しかし近世以降には、秋葉権現を火之迦具土大神(ひのかぐつちのおおかみ)として祀るようになりました。

古来より火防のご利益が高いところで、五穀豊穣、家内安全、開運、金運といったご利益をもたらす意味でも信仰の篤いところです。

一方で三尺坊大権現を祭神とする神社の場合、観音菩薩や烏天狗のご利益があって、火難や苦難を避け、人生の満足を得られると言われています。

「秋葉神社」のスピリチュアルメッセージ

これから秋葉神社に参拝することがあれば、神さまから「あなたの家を火災から守るよ」というメッセージがあります。

また「人生の苦難を避けてあらゆる幸福をもたらすよ」とも伝えられることになるでしょう。

「秋葉神社」のスピリチュアル的な解釈

天空の神社として知られる浜松の秋葉神社には、幾つもの見どころがあってご利益も多彩です。

秋葉神社は秋葉山の登山の魅力も高いところですが、訪れるならば気をつけたいこともあります。

「秋葉神社」いい意味での解釈

浜松の秋葉神社上社は標高866m地点にあり、境内からの眺望は東海一と言うほど素晴らしくて運気上昇のご利益が高いところです。

黄金の鳥居で撮影してスマホの待受にすれば、幸福や金運を呼ぶともいわれています。

天狗おみくじは、お皿に願い事を書いて祈って投げることで成就するというので、是非やってみてください。

機織井(はたおりのい)は枯れることがないという聖なる井戸で、水の神である龍神のご利益が高いと言われています。

下社からの登山道は登り1~2時間をかけますが、秋葉山の自然に囲まれているのでストレスの解消や精神の向上にも効果が期待できるでしょう。

「秋葉神社」悪い意味での解釈

秋葉山の登山は無理にすると怪我が付きもので、かえって運気低下を招くことがあるかもしれません。

山頂の上社までは道路が通っているので、自家用車やタクシーで訪れることも検討してみましょう。

まとめ

高原ならではの魅力もある秋葉神社は、火難と苦難を除けて幸福がもたらされる神社でした。

全国にある秋葉神社でも同じようなご利益を受けることができますが、秋葉山の上社はぜひ足を運んでみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました