PR

「算命学」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「算命学」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ メッセージ
記事内に広告が含まれています。

「算命学」とは、中国占星術と陰陽五行を土台とした占いで、先祖3代、子孫3代まで占えるとされます。

ここでは、「算命学」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「算命学」のスピリチュアルでの象徴や意味

「算命学」は、紀元前の中国春秋戦国時代、鬼谷子によって原型が作られたとされます。

生年月日を利用し、十干十二支から星を導き出し、「人体図」を作り、運気の流れや時期を示すものです。

つまり、運命の流れを読み取り伝える手法の1つと考えると良いでしょう。

「算命学」における「人」は自然の一部であり、役目と環境が一致する、すなわち天命に従っている時は物事が良く進み、そこから外れれば淘汰される、と考えます。

「算命学」のスピリチュアルメッセージ

「算命学」によって占われた時の結果や、その時の感情にメッセージは顕れます。

尚、占われる際の生年月日は、戸籍がどのようなものであっても、実際に生まれた日です。

「算命学」のスピリチュアル的な解釈

「算命学」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「算命学」いい意味での解釈

「算命学」によって占われ、概ね当たっている、今後について自分の目指す通り、または容易に改められる内容である、これといって目新しい発見はない、腑に落ちる感覚、といった場合は良い意味です。

「算命学」によって導かれた運命に、あなたは既に従っており、自然が味方している状態です。

今までの方針で生活し続ければ、良い人生が辿れるでしょう。

「算命学」悪い意味での解釈

「算命学」によって占われ、結果と自分がまるで違う、未来について決して選びたくないもの顕れている、違和感があり信用出来ない、といった場合はあまり良い意味ではありません。

部分的に違うだけなら、直すべき部分の顕れですが、全てが腑に落ちない場合は、「算命学」やそれを使う占い師との相性が合っていません。

別の占い師を利用しましょう。

占い師も人であり、そこには縁の深さの違いがあります。

まとめ

「算命学」は、古代中国発祥の占いで、生年月日を利用し、運命を読み取ります。

良い意味としては、あなたが運命に従い、自然に味方されている状態です。

悪い意味としては、「算命学」やそれを使う占い師と相性が悪い状態です。

このような時は、別の占い師を利用しましょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする
スピリチュアル辞典:DearHome