「納骨しないで家に置く時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「納骨しないで家に置く時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

亡くなった方のお骨を、自宅に置いておくケースもあります。

納骨しないで家に置く時のジンクスを見ていきましょう。

「納骨しないで家に置く時」のスピリチュアルでの象徴や意味

近しい人を失うと、例えお骨であっても手元に置いておきたいと思うことがあります。

スピリチュアルの観点から、納骨しないで家に置く時は「あなたの愛情の深さ」をあらわします。

亡くなった方とあなたは、強い絆で結ばれていたようです。

また亡くなった方がとても大きな存在であったからこそ、引き裂かれてしまうことに耐えがたい苦痛を感じています。

自宅供養を選んだことに負い目を感じずに、ぜひ今のあなたの気持ちを大切にしてあげてください。

「納骨しないで家に置く時」のスピリチュアルメッセージ

納骨しないで家に置くのは、あなたと亡き人が大きなパワーで結ばれていることを示しています。

ソウルメイトやツインレイの間柄であると「離れたくない」という作用が働いて、自然と自宅にお骨を置いておきたくなる時もあります。

もちろん周囲の家族や親戚と、よく話し合うことも大切です。

ただあなたの意向が強いのであれば、こうした心意気を周囲に伝えて、理解してもらえるよう努力してみましょう。

あなたの優しい思いは、きっと周りの人に伝わっていきます。

「納骨しないで家に置く時」のスピリチュアル的な解釈

納骨しないで家に置く時のいい解釈と、注意点を見ていきましょう。

「納骨しないで家に置く時」いい意味での解釈

お墓に納骨しないで、自宅の仏壇に飾っておきたくなることがあります。

こうした心境になる場合は、亡き人がそうさせているという見方もあります。

亡くなった方はあと少しだけ、愛情あふれる家でくつろぎたいようです。

あの人の大好物や美しいお花をお供えして、家族団らんの空気を作ってあげてください。

毎日仏壇に手を合わせていると、雲の上のあの人も喜んでくれます。

亡くなった方を敬う気持ちを大切にして、穏やかな時間を過ごしていきましょう。

「納骨しないで家に置く時」悪い意味での解釈

納骨しないで家に置くと、縁起が悪いというジンクスもあります。

もしお骨を手元に置くことで、周囲とわだかまりができるようであれば、ほかの方法を模索してみましょう。

お骨の一部を分けたり、ネックレスに加工したり、別の形で残しておくという方法もあります。

あなたが元気に過ごしていることが、何よりのご供養にあたります。

幸せになれる方法を見つけていきましょう。

まとめ

納骨しないで家に置く時のジンクスを見ていきました。

大切な人が亡くなると、その保管方法も気になるものです。

幸せの法則を知って、温かい希望を手に入れてください。

タイトルとURLをコピーしました