PR

「紙で指を切る時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「紙で指を切る時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

コピー用紙などを数えていて、ケガをする日もあります。

紙で指を切る時のジンクスを見ていきましょう。

「紙で指を切る時」のスピリチュアルでの象徴や意味

思いがけず、指先から血がにじむことがあります。

鋭利な刃物でスパっと切れたような、痛みがあります。

スピリチュアルの世界で、紙で指を切る時は「もう一度、考えてみましょう」というメッセ―ジがあります。

あなたの中には、きっと迷いがあるはず。

やらなかったことを後悔している、あるいはすでに決断した選択肢に戸惑いがあるようです。

魂の中にこうした「混迷」が生まれていると、その迷いを敏感に指先が感じて、いつもより感覚がデリケートになることもあります。

時間はたっぷり残されているので、落ちついて考えてみましょう。

「紙で指を切る時」のスピリチュアルメッセージ

紙をめくろうとして、ケガをすることもあります。

突然のことなので、思わず「痛い」と顔をしかめてしまうかもしれません。

紙を切る時は「混迷、当惑」をあらわします。

今の生き方に不安を抱いている時に、神様が「気付き」として与えることもあります。

やらずにいたことに後悔を感じているのなら、少しずつ動き出してみましょう。

何かをやるのに遅いことはありません。

またすでに出した答えがあるのなら、迷いを振り切って進むこと。

進路変更はこの先いつでもできるので、明るい気持ちで挑んでみましょう。

「私の生き方は正しい」と自信を持って、向かってみてください。

「紙で指を切る時」のスピリチュアル的な解釈

紙で指を切る時のいいお知らせと、注意点を見ていきましょう。

「紙で指を切る時」いい意味での解釈

スパッと指を切ってしまうのは「いいご縁に恵まれる」というメッセ―ジがあります。

指先のケガをすると、切れてしまった箇所から悪い気が抜けていきます。

反対にポジティブな気が入ってくるので、幸せに恵まれるようになります。

うれしい出会いが次々に入ってきて、生活が大きく変わっていきます。

「紙で指を切る時」悪い意味での解釈

切り傷ができてしまい、苦しくなることもあります。

何度も指先を切ってしまう場合は「恐れを捨てなさい」というメッセ―ジがあります。

怖いことを数えていたら、夜が明けてしまうもの。

不安な未来は、起こった時に考えて対処していきましょう。

まとめ

紙で指を切る時のジンクスを見てきました。

赤い血が出てしまう時は「もう一度考える」というメッセ―ジがあります。

嬉しい答えから、幸せのヒントを見つけてください。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする