「紫の服」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「紫の服」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

いつもお気に入りのファッションには、紫の服が含まれていますか?

紫と言えば神秘的で高級感を感じられ、身近なものでは紫のアジサイやラベンダーといった美しい花々も思い起こされます。

紫の服を着るということは、スピリチュアル的にも何か良い効果がありそうな予感がしますよね。

「紫の服」のスピリチュアルでの象徴や意味

紫色は古来より位の高さを現す色で、聖徳太子が制定したという冠位十二階では最上位を現している色でした。

紫色とは知性、信頼、精神性、霊性の高さの象徴となる色なので、紫色の服は波動を上げるものとなります。

また紫は冷静さを現す青と情熱を現す赤を混ぜ合わせた色であり、柔剛、静動の特徴を併せ持っていると言われます。

そのため紫色の服を着ることは、変化や好転、成長をも象徴しているでしょう。

そして風水では厄を払う色として知られていたので、悪いエネルギーを除外する目的でも良い色です。

「紫の服」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが紫色が入った服を身に着けたいと思った場合は、「波動を高めて成長するよ」「体を浄化して良いエネルギーを増やすよ」というメッセージです。

今から運勢を転換させたい方にはぴったりな感じがします。

「紫の服」のスピリチュアル的な解釈

どんな風に紫色のファッションを身に着けていくかで、運勢は違ってくるはずです。

紫の服はできるだけ高貴過ぎる印象を抑えることに、ポイントがあると言われています。

「紫の服」いい意味での解釈気品の高さ、

紫色をファッションの何処かに取り入れることによって、運気を高めることに繋がります。

シャツ、パンツ、帽子、靴下など一部のアイテムを、紫色にするのが効果的です。

外側から紫が見えない感じでも、下着やシャツに紫色のものを選ぶだけでも違いがあります。

ワンピースなどで広範囲を紫にする場合には、薄い紫を選ぶほうが自己主張を抑えて良い効果をもたらすでしょう。

紫色の服を着ない時でも、紫のバッグを使ったりワンポイントで紫を取り入れると良いです。

特に紫色の財布は、風水では出世や昇進に繋がると言われているのでおすすめします。

「紫の服」悪い意味での解釈

とても良い意味を持つ紫色ですが、ファッションの広範囲に濃い紫や光沢のある濃い紫を使うことは控えるべきと言われることもあります。

それは紫色の神秘のパワーが強過ぎてしまい、周囲からは近寄りにくい印象になってしまうためです。

まとめ

高貴な印象のある紫の服とは、波動を高めて浄化を進めて運気を好転させてくれるものでした。

不幸なことが続くという人も、一部だけ紫色にしてみてください。

人生が良い方に進むかも知れませんよ。

タイトルとURLをコピーしました