「紫色」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「紫色」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

皆さんは紫色というと、何を思い浮かべるでしょうか?お坊さんの袈裟やお葬式などがありますが、紫色は昔から神秘的な色、高貴な色として扱われてきました。

そんな紫色のスピリチュアルをもう少し詳しくご紹介していきましょう。

「紫色」のスピリチュアルでの象徴や意味

紫色を最も高貴なイメージとして象徴しているのは和服でしょうか?和服を染める際の貝紫という色があるのですが、こちらは帝王紫と言われるほど、高価なものだったようです。

しかし、紫は青と赤、静と動から出来ている色なので、相反するものが共存している色です。

その為、高貴なイメージとは真逆の反抗的で下品なイメージもあります。

どちらの意味も持つ紫ですが、どちらにしても、希少価値の高いものです。

あなたが、紫色を強く意識している時は、人とは違う何かを身に着けたいと思うときかもしれません。

「紫色」のスピリチュアルメッセージ

芸術性や美意識に自分の気持ちが傾いている時、紫色を強くイメージするかもしれません。

それは、自分の中にある、直感を信じなさいというメッセージが込められている可能性があります。

哲学や精神世界に興味を抱くとき、あなたの周りに紫色があるかもしれません。

しかし、没頭しすぎると、人の輪から浮いてしまうので注意しましょう。

またあなたの中のバランスが崩れている時に、強く意識する色だとも言われています。

何か悩みを抱えていたり、不安だったりする場合に、紫色の世界に入ってしまうこともあるので、注意しましょう。

「紫色」のスピリチュアル的な解釈

霊的なものや、神秘的な考え方などに適している色です。

しかし、強調しすぎてしまうと、平穏な日常が崩れる可能性もあります。

チャクラで言うと頭頂部の第七のチャクラを意味します。

この部分のバランスがとれていると、冷静な判断ができ、穏やかでいて、カリスマ性を秘めている唯一の人物になります。

直観力や洞察力にも冴えていて、有言実行のタイプです。

しかし、このバランスが崩れてしまうと、周りから、総スカンされてしまうので、自分の意思を推し進めすぎることに注意しましょう。

「紫色」いい意味での解釈

静と動を兼ね備え、人にはない実行力があり、高いカリスマ性を秘めた人物になるでしょう。

また、冷静に周りを見て最良の判断ができる力も持ち合わせています。

「紫色」悪い意味での解釈

あまりに紫色に傾倒しすぎてしまうと、周りから理解してもらえないので、注意しましょう。

まとめ

紫色は高貴で、攻撃的な色です。

その使い方を間違えないようにすることで、あなたの今がもっと輝くでしょう。

タイトルとURLをコピーしました