「紫龍」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「紫龍」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

日常的に過ごしていて、何処かで紫龍と接点を持っていませんか?

それはインターネットで絵を見かけたり、街中で造形物を見たり、どんなことでも構いません。

そんな出来事が、紫龍に呼ばれている証拠になることがあります。

今回は気になる紫龍の、スピリチュアルな特徴や意味に迫ります。

「紫龍」のスピリチュアルでの象徴や意味

あらゆる種類の龍神は宇宙のエネルギーと雨雲の象徴であり、人々に力を与え厄除けや金運などのご神徳を与える存在として崇拝されてきました。

紫龍も龍神の1種で、全身に紫色の鱗とオーラをまとった姿をしています。

紫色は神聖や精神などスピリチュアルを象徴する色で、人の理性や思考も包括している色です。

紫龍もこれと同様の性格を持っていて、常に神々しく落ち着いた佇まいを漂わせ、鋭い観察眼と頭脳を持ち、あらゆる物事の本質を知り探究する存在となって来ました。

紫龍は同じ特徴を持つ人に、守護として付くことがあります。

するとその人は魅力的な存在となり、繊細な五感を駆使して何事にもプロとして究極を追い求め、高い知性と芸術センスを発揮できるようになるとされているのです。

「紫龍」のスピリチュアルメッセージ

もし紫龍のことが常々気になることがあれば、「紫龍があなたの守護に付くよ」とか「加護を受けて能力が高まるよ」というメッセージです。

紫龍が守護に付くように頑張ってみてください。

「紫龍」のスピリチュアル的な解釈

ある時に紫龍が気になり出したら、紫龍が好む行動を取ることによって紫龍と接点を持てるようになります。

正しい行動をすれば守護に付くこともありますが、逆に間違ったことをすれば残念な結果となるでしょう。

「紫龍」いい意味での解釈

紫龍が付きやすいのは知的で芸術センスがあってスピリチュアルな感性を持つ人ですので、そちらの分野で努力を重ね磨きをかけて行くのが良いです。

何処かで紫龍を祀っている場所に行くことで、紫龍に祈りを届けて守護に付けられるかもしれません。

紫龍自体を祀る神社は少ないのですが、各地の龍神を祀る神社に参拝することで紫龍と繋がることができます。

紫龍のグッズを集めてみるのも、紫龍の力を身につける方法となります。

例えば紫龍の置物や絵を部屋に飾ってみたり、紫龍のお守りを常に持ち歩くなどが良いです。

「紫龍」悪い意味での解釈

せっかく紫龍が常々気になることがあるのに、それを無視すると守護に付く縁が消えてしまうことになります。

また知性や芸術センスやスピリチュアルな感性が無い人には、紫龍が守護として付くことはありません。

紫龍グッズはホコリを付けて管理をするようなことでは、本来の効力を失ってしまうでしょう。

そして紫龍が守護となった後も、必要な感性を失ったり磨いていなければ、その加護を失うことにもなります。

まとめ

紫龍とは世界を支配する龍神であり、知性と芸術性とスピリチュアル性を象徴する存在でした。

そして紫龍がやたら気になるのは、龍神が守護に付く時のサインになっています。

ぜひ龍神に祈りを届けて味方に付けてみてください。

タイトルとURLをコピーしました