「結膜炎」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「結膜炎」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

これまでに白目が真っ赤な状態になってしまう、結膜炎を経験したことがあったでしょうか。

結膜炎とは細菌や花粉や化学物質などが影響し、目に炎症を起こしてしまう病気のこと。

しかし結膜炎は単なる目の病気ではなく、スピリチュアルな意味も存在していました。

「結膜炎」のスピリチュアルでの象徴や意味

目が赤くなる結膜炎とは、嫌なものを見て心に悪影響が出ていることの象徴と言われています。

人の悪いところを見すぎ、その人を責め過ぎていることも示されている状態です。

また逆に目を使って注意深く見ることができていないことの現れにもなります。

目の前で見たことに対して、怒りの感情が湧き上がっている場合も同様です。

そして目を使って良く頑張っているけれど、エネルギーが足りていない時にも結膜炎の状態に現れることになります。

「結膜炎」のスピリチュアルメッセージ

もし結膜炎になる時があったら、それは「嫌なものを見すぎないで」「癒されるものを見て」などのメッセージです。

目と気持ちの浄化をはかり、改善していく必要があります。

「結膜炎」のスピリチュアル的な解釈

ある時に結膜炎になってしまったら、その状態の改善をすると共に心のケアをすることも必要です。

それができれば結膜炎は改善して行きますが、しかし気持ちが悪いほうに傾くと良くない状態に向かうかもしれません。

「結膜炎」いい意味での解釈

嫌なものを見続けることは止めるということは、心の浄化をはかって行く上では重要なことです。

癒される物に注目していけば、心の闇が浄化され結膜炎という症状も消えていくかもしれません。

また接する人の悪いところを見過ぎず、いったん距離を置くことでも同様の効果が得られることになります。

怒りの感情はいったん納めて、心がリラックスできることに熱心になると良いです。

疲れとストレスが影響している場合には、温泉やサウナなど癒される場所に行って、浄化やデトックスを進めて波動を高めてみると良いでしょう。

そして病気の対処としては薬用目薬を使ったり、目用の殺菌スプレーなどを使ったりして浄化し、よく目を休ませることが必要になります。

「結膜炎」悪い意味での解釈

もしもあなたにとって嫌なものをずっと見続けてしまうと、結膜炎の状態は悪化するかもしれません。

見て疲れる状態を続けることも、悪化させる要因となってしまうようです。

また結膜炎になった目のケアをしないことは、邪気や心の悪いエネルギーは溜まったままになるでしょう。

波動の低下を招くことになり、他の目の重大な病気に繋がることもあるし、その見た目の怖さから周囲の人にも悪影響を与えることになってしまいます。

まとめ

時に悩まされる結膜炎とは、嫌なものを見すぎていたりすることに係わる出来事でした。

結膜炎になったら治療を進めると共に、心の浄化をしていくことが肝心です。

そしてものの見方や過ごし方を変えて行くのが良さそうです。

タイトルとURLをコピーしました