「緑色」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「緑色」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

数ある色の中でも、グリーンに惹かれる時期があります。

緑色のスピリチュアルなパワーを見ていきましょう。

「緑色」のスピリチュアルでの象徴や意味

樹木の葉っぱをイメージさせる緑色。

ナチュラルな装いの、気持ちのいいカラーです。

緑色には「優しさ、癒し、穏やか」という意味があります。

大草原や新緑の木々を見ると心がリフレッシュするように、見ている人を温かい気持ちにさせてくれる色です。

スピリチュアルの世界では、沈静作用もあります。

興奮した心を穏やかに整えてくれ、和ませてくれます。

マイナスのエネルギーを吸い取ってくれるので、疲れた瞳に明るいエネルギーを与えてくれます。

「緑色」のスピリチュアルメッセージ

大地の息吹を感じさせてくれる緑色。

緑色には心を丸く整えてくれ、優しい気持ちにする働きがあります。

セラピーとしての作用もあるので「癒されたい」と感じた時に、積極的に活用してみましょう。

また緑は「厄を払う」という作用もあります。

怒りっぽい気質を取り除いてくれ、友好的で明るいムードを作ってくれます。

「最近何だかイライラする」と思ったら緑色の洋服を着て、穏やかな気持ちを手に入れてください。

「緑色」のスピリチュアル的な解釈

緑色のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「緑色」いい意味での解釈

葉っぱや芝生を連想させる、優しいグリーン。

自然界に存在する色なので、眺めているだけで優しい気分になれます。

ストレスを緩和してくれるので、気持ちの淀みをオフして明るく整えてくれます。

例えば作業場にインテリア用のグリーンを飾ると、一気に気の流れもアップ。

ヒーリング効果から、落ちついて仕事や勉強に集中していけます。

「緑色」悪い意味での解釈

海外では緑色を「不吉な色」と例えることがあります。

とくにミントグリーンやライムグリーンは、怪物を思わせる色合い。

悪魔やモンスターを誘う色として、忌み嫌われることもあります。

ただ日本で緑色といえば、歌舞伎にも用いられた伝統色。

とくに翠色は鳥のカワセミを思わせることから、おめでたい色とされています。

海外のジンクスにあまり過敏にならず、日本らしい風情を大切にしていきましょう。

まとめ

緑色にまつわるスピリチュアルパワーを見てきました。

緑色は初夏を思わせる、初々しい色をあらわします。

癒しやリラックスに働きかける、とても良い色です。

幸せなジンクスを知って、日々の暮らしに活かしてください。

タイトルとURLをコピーしました