PR

「縦虹」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「縦虹」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

まれに横ではなく、広がりのある虹を見ることがあります。

縦虹を見た時の、幸せのジンクスを見ていきましょう。

「縦虹」のスピリチュアルでの象徴や意味

空に向かって伸びるように、細長いシルエットの虹を見ることがあります。

縦虹や幻日と呼ばれていて、通常のタイプの虹より見られる確率が低いとされています。

縦虹が見えたら「とても幸せなことが起きる」という、ラッキーな前兆です。

運気が上がっている人だけが見える、幸せのお守りになります。

縦虹は地上と天空を結んでいる、キラキラと光る架け橋です。

神様がこの橋をとおって、あなたの元にエネルギーを授けてくれます。

夢が叶う、思いが届く、幸せが成就するなど、恵まれたことが起きるでしょう。

最強の運気をあらわす、幸せのシグナルです。

「縦虹」のスピリチュアルメッセージ

幻日といわれる縦の虹を見たら、あなたのエネルギーが最高潮にあがっています。

人生に数回訪れる、幸せのゾーンに入っています。

ミラクルなこと、ラッキーなことがいつもより起こりやすくなっています。

「神様にお任せ」という軽い気持ちで、色々なことに向かってみてください。

勉強運、仕事運、恋愛運がそれぞれ上がっているので、実力以上の良いことも起こります。

難しい試験に合格できる、ハードな課題をクリアする、好きな人と両想いになれるなど、嬉しいことが続いていきます。

幸せなことを想像しながら、明るく虹の橋を渡っていきましょう。

楽しむことで、さらに運気は上がります。

「縦虹」のスピリチュアル的な解釈

縦のラインの虹が見えた時のいい解釈と、注意点を見ていきましょう。

「縦虹」いい意味での解釈

縦虹が見えたら、運気の急上昇をあらわします。

とくに午前中の虹は「活発に動くこと」をあらわしています。

計画していたことは、前倒しで進めてみましょう。

早めに動いて、誰よりも多くのチャンスを掴んでみてください。

色々な夢が叶っていき、幸せの便りが届き始めます。

「縦虹」悪い意味での解釈

夕方の時間帯に縦の虹を見たら「癒しの時間を取ること」をお知らせしています。

浄化のエネルギーが強まっているので、入浴時間を長くとる、アロマを焚くなど、優しく過ごしてみてください。

運気がさらに上がって、気持ちも満たされていきます。

まとめ

縦虹が見える時の幸せのジンクスを見てきました。

縦の虹は運気のアップをお知らせしています。

七色の虹に応援してもらいながら、あなたの人生を虹のように美しく染めてみてください。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする