「羊雲」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「羊雲」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

まるで牧場のひつじの群れみたいに見える羊雲とは、春から秋の青空によく見られる高積雲の一種です。

うろこ雲と同一視されがちですが、うろこ雲は高い空にある巻積雲で1個の雲が小さく、羊雲は低い空にできる高積雲で1個の雲が大きめという違いがあります。

そんな羊雲は、見る人にスピリチュアルな意味を与えてくれる存在です。

「羊雲」のスピリチュアルでの象徴や意味

羊雲は列をなして不気味に空一面に拡がる場合があり、地震雲や不吉なことの前触れと言われることがあります。

しかし羊雲が地震雲であるという話は、単なる迷信でしかありません。

ただ羊雲が現れた後には雨が降りやすい傾向はあるために、気象学的には雨の前兆になるともされています。

そして羊雲は見る人によって、良くも悪くも感じ方は違ってくる雲です。

人によっては羊雲は幸運の印となり、また別の人にとっては悪いことの知らせとなるでしょう。

「羊雲」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが見た羊雲に良い感じを受けたなら「これから幸福なできごとがあるよ」というメッセージです。

逆に嫌な感じがしたなら、「悪いことが起きるから気をつけて」というメッセージになります。

「羊雲」のスピリチュアル的な解釈

空に拡がる羊雲がどんな状態になっているか、注意深く観察をしてみてください。

すると羊雲によって、未来の流れを占うことができるかもしれません。

「羊雲」いい意味での解釈

羊雲の中に彩雲が現れていたら感動的ですが、それは大きな吉兆とされています。

今自分が努力していることや、気になっていることで上手くいくかもしれません。

羊雲の中に太陽が輝いているのを綺麗な光景とおもったら、浄化と癒しの力が与えられていることの現れです。

そうした美しいと感じる羊雲は撮影して飾ったり、スマホの待受に設定してみれば、幸運をずっと維持することができるかもしれません。

「羊雲」悪い意味での解釈

暗い色やおかしな並びや形になっている羊雲が悪いことの前触れと思った場合、その後に対策を取らないのは良くないことです。

例えば自分の問題点を見直してみたり、いつもより慎重に行動することで凶事の回避に繋がります。

まとめ

空に見ることがある羊雲とは、見る人によって良い前兆にも悪い前兆にもなるものでした。

とても綺麗な羊雲なら、きっとラッキーなことが起こります。

毎日のように空を眺めて、雲に寄って運勢を占ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました