「肉が食べたくなる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「肉が食べたくなる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

原始時代に戻ったように、肉にかぶり付きたくなる日もあります。

肉が食べたくなる時のジンクスを見ていきましょう。

「肉が食べたくなる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

唐揚げやステーキ、牛丼など、なぜかお肉ばかり食べたくなる時があります。

スピリチュアルの観点から肉が食べたくなる時は、力を出そうとしているサイン。

これからとても大きなことが起こるので、それに向けて準備を始めています。

色々なビタミンやミネラルが入ったお肉は、エネルギーを上昇させてくれるスーパーフード。

波動の高い状態をつくって、幸せに導いてくれます。

お肉を食べた後に満足感があるのは、お肉にスペシャルな力があるからです。

体が欲するものは「いま食べておくべき栄養素」なので、我慢しないで思いっきり食べてみてください。

「肉が食べたくなる時」のスピリチュアルメッセージ

骨付き肉をしゃぶりたくなるなど、急に荒々しい食事がしたくなる時があります。

肉を欲しているのは「大きなチャンスがやって来る」というお知らせが含まれています。

思わぬ人から声をかけられることが増えていきます。

出会いの数も増えていき、お付き合いの席も多くなるでしょう。

朝から晩まで忙しい日々がやって来るので、楽しい時間を全力で乗り越えるためにも、カロリーの高いお肉を食べて、精気を取り戻してみてください。

勇ましく動きたい時は牛肉、しなやかに動きたい時はラム肉や豚肉、爽やかさを加えたい時は鶏肉など、その時の気分に合わせて種類を変えるのもおすすめです。

お肉のパワーを味方につけて、明るく日々を過ごしてみてください。

「肉が食べたくなる時」のスピリチュアル的な解釈

肉が食べたくなる時のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「肉が食べたくなる時」いい意味での解釈

ボリュームたっぷりの肉を食べたくなるのは「勇者になる」というメッセージがあります。

肉には「迷いが消える」という作用があります。

小さなしがらみに捉われない、力強いあなたに変身していけます。

対人面のトラブルも、あなたの力で解決していけるでしょう。

運命を力強く切り開いてみてください。

「肉が食べたくなる時」悪い意味での解釈

何度も肉が食べたくなる時は「エネルギーの停滞」というお知らせもあります。

大きなストレスを抱えていると魂がすり減ってしまい、その力を補おうと肉を食べたくなることもあります。

苦手な人に無理に合わせていないか、日々を見直してみてください。

お付き合いを見直していくと、次第に気持ちが明るくなって食生活も整っていきます。

自分に優しく過ごしてみてください。

まとめ

肉を食べたくなる時の、幸せのジンクスを見てきました。

お肉は幸せを運ぶ、いい食べ物です。

おいしいパワーフードを食べて、楽しく日々を過ごしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました