「胃が重い時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「胃が重い時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

なんだか朝起きたら、胃が重たく感じることがないですか。

前日に食べ過ぎたりストレスなどが原因だったり、何らかの病気なのかもしれないと考えてしまいます。

胃が重たい状態が続くと困ったものですが、それはスピリチュアルなことが影響して起きている現象かもしれませんよ。

「胃が重い時」のスピリチュアルでの象徴や意味

胃というのは食べたものを消化し、エネルギーに変えるための重要な臓器です。

「胃に穴が開くほど辛い」とか「腹を割って話す」といった言葉があるように、人の心や感情に関わっています。

そして胃のあたりは第3チャクラの太陽神経叢で、人から受け取ることを表しているところです。

そのため胃が重たい状態は、心の消化不良が起きていることの象徴になります。

不満だけれどど受け入れていたり、良いものを上手に受け入れることができていないから、胃が重たいということです。

胃が重いのは自己評価の低さの現れであり、不満や攻撃性が高まったり、考え過ぎをこじらせていることになります。

「胃が重い時」のスピリチュアルメッセージ

ある日胃が重たいなと感じた時には、「心の不満の蓄積や自意識の低下が心配だよ」とか「上手に相手の気持ちを受け取れていないよ」というメッセージになります。

そのため「不満な状態を解消してね」とも伝えられているでしょう。

「胃が重い時」のスピリチュアル的な解釈

そんな心の問題が出てしまっても、胃の状態を改善することで健全さを取り戻すことができます。

しかし胃が重い状態を放置するのは、とても良くないことは覚えておく必要があるでしょう。

「胃が重い時」いい意味での解釈

これから胃が重たい状態や不満な状態を解消するには、胃腸薬を飲むより、おなかを温めることが良いと言われています。

入浴するのも良いですし、緑茶など健康的な温かいものを飲むことも良いです。

有酸素運動をすることで、悪いエネルギーを解消して胃の不快感を改善することにも繋がります。

そして断食を実行することも、胃と心を治すために効果的な方法です。

断食とは胃を空っぽにすることであり、胃の負担をなくします。

しかも欲望やネガティブな感情やストレスを0に戻して、精神と肉体の健全さを取り戻すことに繋がるはずです。

断食は丸1日が効果的ですが、無理そうなら1食断食、半日断食から始めてみてください。

「胃が重い時」悪い意味での解釈

放置していると胃もたれや胸焼けに発展し、慢性的な胃炎になってしまうかもしれません。

そうするとマイナスな感情はずっと停滞することになり、攻撃性や自意識が低い状態もずっと続くことになってしまいます。

まとめ

なんだか胃が重い状態というのは、心の不満や自意識の低下があり、人の気持が受け入れていない状態であることがわかりました。

改善するためには胃腸薬に頼らず、温めたり運動したり断食をするのが有効です。

できそうなところから、胃と心のケアを始めてみてください。

タイトルとURLをコピーしました