「背中が痛い時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「背中が痛い時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

最近になってずっと背中が痛いなんてことはないですか?背中が痛いのは肩こり同様で血行が悪いのかとか、筋肉や神経を痛めたのかと考えてしまいます。

しかしスピリチュアル的に言えば、背中の痛みには放置できない重要な意味が籠もっていたりするのです。

「背中が痛い時」のスピリチュアルでの象徴や意味

人の背中とは頭と腰を繋いでいるところで、物や人を背負う時に使います。

自分の目では見ることができない、後ろ側を象徴する部位です。

むかしから「背に腹はかえられない」「背中で泣く」「背筋が寒くなる」など、感情や責任に関わる言葉やことわざがあります。

背中が痛いのは見えない心の苦痛であり、責任を負って苦しいことの象徴的な出来事なことが多いです。

それは仕事、恋愛、日常など様々な苦痛に関連し、痛みが続くことによって精神的な異常がでて、運気の低下を招くことになります。

「背中が痛い時」のスピリチュアルメッセージ

ある時に背中が痛いと感じられた場合には、「解決のために行動してね」とか「よく話し合って解決してね」というメッセージになります。

また「あなたの心の苦痛を解消してね」といったいたわりのメッセージも受けているでしょう。

「背中が痛い時」のスピリチュアル的な解釈

もし心の苦しさがあって背中が痛くなっても、解決する方法があるので実践していくことが必要です。

しかし背中の痛みの種類によっては命の危険があり、放置するのは良くないことは知っておいてください。

「背中が痛い時」いい意味での解釈

背中の痛みを解消していくことにより、心の苦痛を解消して、運気の低下を防ぐこともできます。

背中は自分でマッサージは難しいですが、入念なストレッチや「肩甲骨はがし」を日課としてみると良いです。

また身近な人に指圧をしてもらったり湿布を貼ってもらったり、整骨院で施術を受けてみるのも効果を得られます。

背中の痛みが解消すれば、仕事や人間関係での苦痛は和らいだり、感じにくくなったりできるかもしれません。

「背中が痛い時」悪い意味での解釈

もし痛いのが背骨の心臓の部分であったら、悩みの根源から非常に強いストレスを受けていることの現れです。

悪いエネルギーが体に滞留しており、心臓の病気にも直結することは留意すべきでしょう。

そして仕事が上手くいかなくて背中が痛い場合には、その業務が重荷になっていたり無理を感じていることの現れです。

恋人や夫婦の関係が悪化して背中が痛いのも、2人の間にトラブルがあって悩み苦しんでいることの現れになります。

いずれにしても背中の痛みを放置していると、運勢が下降していくので気をつけるべきです。

まとめ

あなたの背中が痛いことは、解決のために行動したり、苦痛をやわらげるべきというメッセージになっていました。

背中という部位は自分でマッサージするのは難しいように、心の苦痛も自分だけでは解決ができません。

周囲の人の助けを借りて解決してみてください。

タイトルとURLをコピーしました