「背中が重い時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「背中が重い時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

背中に重みを感じる日があります。

どのようなスピリチュアルメッセージがあるのか、見ていきましょう。

「背中が重い時」のスピリチュアルでの象徴や意味

後ろに巨大な石が載っているように、ひどい凝りを感じる日があります。

もちろん辛い症状が続く場合は、クリニックで問診を受けることも大切です。

一方でスピリチュアルの観点で背中が重い時は、浄化をあらわします。

背中にはヒーリングスポットという場所があって、定期的に「気の洗い流し」をおこなっています。

負のエネルギーを外に流そうとすると、一時的に背中ににぶい痛みを感じることがあります。

浄化がスムーズにおこなわれると、しだいに心と体がいつもの状態に戻っていきます。

元気になるための、ひとつのステップです。

「背中が重い時」のスピリチュアルメッセージ

肩甲骨や背骨の辺りが、いつもより重たい日もあります。

ボディの背後に違和感がある時は、エネルギーの良い循環がおこなわれているサイン。

たまった邪気を外に排出しようと、体がいつもより頑張ってくれています。

パートナーに背中を優しくさすってもらったり、温かいシャワーで解したりすると、さらに巡りが良くなっていくこともあります。

上手に背中の痛みと付き合い、ハッピーな日へ導いてください。

「背中が重い時」のスピリチュアル的な解釈

背中に重みがある時のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「背中が重い時」いい意味での解釈

ボディの背面に違和感がある時は、好転反応をあらわします。

好転反応とは体が本来の姿に戻ろうとする時の、一時的な不調をいいます。

そのためいつもは何ともない背中が、急に圧を感じたら運気が上がっている可能性も。

悪い毒を外に流して、魂をフラットな状態に戻しています。

気が滅入るような状態がやがて終わり、あなたにとって楽しい日々が訪れます。

「背中が重い時」悪い意味での解釈

背中がずしりと重たいのは、ストレスが関係していることも。

例えばパワハラやモラハラなど誰かから強い影響を受けていると、こうした作用が出てくることもあります。

体が緊張してこわばっていると、こうした負の要素が背中にあらわれて、重だるさを感じてしまう日もあります。

できるだけリラックスした時間を持つようにして、自分に優しく過ごしていきましょう。

まとめ

背中が重い時のスピリチュアルサインを見てきました。

このようなケースは、浄化をあらわします。

心と体が軽くなっていく、ひとつのプロセスです。

いい解釈を知って、元気な日々を送ってください。

タイトルとURLをコピーしました