「胸が苦しい場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「胸が苦しい場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

ぎゅっと締め付けられたような気持ちになることがあります。

胸が苦しい場合のジンクスを見ていきましょう。

「胸が苦しい場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

張り裂けるような、胸の痛みを感じることがあります。

もちろん症状が長引く場合は、クリニックで診てもらうことも大切です。

一方で胸の苦しさは、スピリチュアルの観点では、心の痛みをあらわします。

好きな人に振り向いてもらえない胸の痛み、あるいは家族や友達に分かり合ってもらえない辛さを示しています。

届けたい思いが相手に届かず、消化不良を起こしているとこのような苦しみが登場することもあります。

静かに立ち止まって、心の総点検をしていきましょう。

「胸が苦しい場合」のスピリチュアルメッセージ

胸の苦しみが続くときは、あなたの思い煩う気持ちを示しています。

スピリチュアルの世界ではこうした状況を、チャクラの乱れと呼んでいます。

チャクラが乱れてしまうと、エネルギーの循環が不安定になって胸の痛みを感じることもあります。

とくに注意したいのは、第四チャクラと呼ばれるスポット。

胸の真ん中にあるので、ここが乱れると中心部に違和感を覚えることもあります。

チャクラを活性化させるには、自分自身を愛することが大切。

癒しの気持ちを持つと気の流れが良くなって、好きな人や家族そして友達との絆も深まっていきます。

「胸が苦しい場合」のスピリチュアル的な解釈

胸が苦しいときのいいジンクスと、注意点を見ていきましょう。

「胸が苦しい場合」いい意味での解釈

胸が苦しくなると「このまま運気が悪い方に向かうのではないか」と不安になることもあります。

けれどもこうした状況は「今を見直して運気を向上していくこと」につながります。

乱れたチャクラも意識すれば、元のように活性化していきます。

不安の種を自ら見つけようとしないで、明るい種を蒔きに外に飛び出してみましょう。

恋に弾みをつけるために美容院に行ってヘアスタイルを変え、メイクやお洒落に興味を持つことも大切です。

明るく整えようとする心意気がチャクラの改善につながり、運気アップを約束してくれます。

「胸が苦しい場合」悪い意味での解釈

胸が苦しくなる場合は、その裏に孤独や不安が隠されていることもあります。

過去の行動を悔やんでいると、こうした働きが出ることもあります。

どんなに思っても、過ぎた過去は変えられないもの。

これからを良くすることに熱意を傾けていきましょう。

まとめ

胸が苦しい場合のスピリチュアルサインを見てきました。

張り裂けそうな胸の痛みを覚えるのは、チャクラの変化をあらわしています。

ジンクスの中身を正しく知って、明日につなげてみてください。

タイトルとURLをコピーしました