PR

「脾臓と感情」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「脾臓と感情」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

「脾臓(ひぞう)」は、循環器系の臓器で、免疫や赤血球の破壊、生まれる前の造血などを受け持ちます。

あまり意識する事のない臓器ですが、スピリチュアル的には感情に影響するものの1つと考えられています。

ここでは、「脾臓と感情」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「脾臓と感情」のスピリチュアルでの象徴や意味

東洋医学の五臓六腑の中で「脾」がありますが、これは脾臓とは異なる膵臓などを指します。

脾臓は、生まれる前の血を作り、古くなった血を壊し、悪いものを除くという作用から、原初的な無垢な精神や、不要な感情の浄化を象徴します。

「脾臓と感情」のスピリチュアルメッセージ

感情の動きの中にメッセージは顕れます。

感情は必ずしも、脾臓由来とは限りませんが、脾臓の位置である、左上腹部に何らかのイメージがあれば、関わっている可能性があるでしょう。

脾臓の不調が感情を動かす場合も、過度な感情の動きが脾臓の不調を引き起こす場合もあります。

但し、一度不調になった場合、感情と整えるだけでは治癒しません。

医療を利用しましょう。

「脾臓と感情」のスピリチュアル的な解釈

「脾臓と感情」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「脾臓と感情」いい意味での解釈

脾臓のイメージを伴い、感情として、不安が解消された解放感、無邪気さ、生きる喜び、困難を打ち破る元気などが湧き起こる場合、良い意味です。

脾臓がよく働いており、それが精神に作用し、直面する問題は解消し、新たな挑戦にも向く、パワー溢れる状態です。

「脾臓と感情」悪い意味での解釈

脾臓のイメージを伴いつつ、不安に押し潰されそう、無力感、自分を信じられない感じ、世界に対する警戒感などの感情が強まる場合、悪い意味です。

脾臓の不調、または脾臓が疲弊するような、疾患後の可能性があり、パワーは弱まっています。

これ以上無理すると、決定的に体調を崩す兆候と言えるでしょう。

誰かと比べて頑張っていない、と思う事は危険です。

いつも頑張っているように見える人は、休むのも上手い人です。

真似るなら、休むところも含めて真似しましょう。

まとめ

「脾臓と感情」の関係は、精神の浄化、無垢な精神といった部分に顕れます。

良い意味としては、不安などが解消出来て頑張れる状態です。

悪い意味は、脾臓の不調やパワーの弱まりです。

このような時は、無理せず休みましょう。

他の人の方が頑張っているように見えても、休みは取っているものです。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする