「腰が痛い時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「腰が痛い時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

ずっと腰が痛いことで悩んでいる人は、この世界には意外と多いようです。

日本では社会人の3割が、何らかの腰痛に悩まされているであるとの調査結果があります。

腰が痛いというのは体だけの問題と思われがちですが、実はスピリチュアル的に意味のある出来事であるようです。

「腰が痛い時」のスピリチュアルでの象徴や意味

人体には全ての部位に役割があり、スピリチュアルな意味も備わっているものです。

腰とは体の中心にあって、体重を支えたり物を持ち上げる力を発揮したりする役割があります。

腰痛が発生した場合でも、我慢して歩いたり仕事や家事をしなければいけません。

つまり腰とは人の不満や怒りの感情が溜まる部位の象徴になるところです。

恋人、仕事、人間関係、世の中、自分自身にたいする不満があれば、腰痛として現れる人が多い傾向にあるのかもしれません。

「腰が痛い時」のスピリチュアルメッセージ

ある時から腰痛が発生した場合には、「あまりに不満がたまりすぎているよ」や、「日常の問題を解消していく必要があるよ」といったメッセージを受けています。

日常の問題点を解決していかなければいけません。

「腰が痛い時」のスピリチュアル的な解釈

ちょっと腰が痛くて不満が多くて困ったとなっても、好転する方法はあります。

そして腰痛を放置したり改善しないことは良くないので、真剣に向き合っていく必要があるでしょう。

「腰が痛い時」いい意味での解釈

とにかく腰が痛い状態を治そうとする行動は、日常の不満の解消につながっていくと解釈できます。

自分で揉みほぐしたり湿布を貼ったり、食生活から改善して行くことも良いですし、整骨院などで治療をお願いしてみるのもおすすめです。

一度腰痛が改善すると、不思議とその後は日常でトラブルが起きても不満が溜まらなかったり、トラブルが瞬時に解決できたりもするかもしれません。

「腰が痛い時」悪い意味での解釈

腰の痛い部位によって、不満の種類は異なると言われています。

例えば腰の右側が痛い場合は自分のせいで駄目なんだ等、自分自身を責めている状態です。

左側が痛い場合は他者に対する不満が溜まっている場合が多くなり、例えば会社が嫌だ、あの人の態度が嫌だといったことです。

もし軽度の腰痛が続くだけと言って放置することは、不満の感情がずっと続くことになるかもしれないので要注意となります。

なかなか腰痛が改善しない場合、あなたの抱える問題点の根が深いことを意味しているでしょう。

思い切って問題のある人や場所とは別れ、引っ越すとか転職する事で好転をうながすのも良いことです。

まとめ

あなたの腰が痛いということは、不満が溜まっている現れであり、解決していくべきというメッセージでした。

自分に合う腰痛改善法を始めて行くのはもちろんですが、日常の不満の解決を本気で考えていくことが大切になります。

タイトルとURLをコピーしました