「花園神社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「花園神社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

古来より新宿の総鎮守として崇拝されて来たのが、東京の花園神社です。

その創建は徳川幕府以前のことで、文化の発信地でありつつ、都内有数のパワースポットで知られてきました。

花園神社のスピリチュアルな効果とは如何なるものかに、迫ってみることにしましょう。

「花園神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

こちらの神社は運命を好転させる神社と言われています。

中心となるのは3つの神社で、花園神社では倉稲魂命(くらいなたまのみこと)、大鳥神社では日本武尊(やまとたけるのみこと)、雷電神社では受持神(うけもちのかみ)をそれぞれ祀っています。

倉稲魂命は五穀豊穣や家内安全をもたらす神さま、日本武尊は厄除けや悪運を断ち切る神さま、受持神は食べ物や開運や財運の神さまです。

また芸事や仕事の成功を象徴する神社としても知られています。

「花園神社」のスピリチュアルメッセージ

もし新宿で花園神社に足を運んで参拝すれば、神さまから「邪気を払い運気の好転をもたらすよ」とか「仕事や家庭が上手く行ってお金に困りませんよ」などのメッセージを受けます。

さらに「芸事が上手になって成功に繋がるよ」というメッセージもあるでしょう。

「花園神社」のスピリチュアル的な解釈

境内には幾つもの見どころもあって、それぞれでは特別なご利益を受けられるので是非歩き回ってみてください。

しかし花園神社の夜は怖いという噂もあるので、気を付けたいところです。

「花園神社」いい意味での解釈

とても見事な木彫り男根があるので、目に焼き付いてしまう女性も多いそうです。

この男根に触って願えば、子宝や夫婦円満といったご利益があると言われています。

芸能浅間神社は境内摂社で、祭神は木花之佐久夜毘売(このはなさくやびめ)です。

芸能人の参拝者も多く、参拝すれば芸能や仕事の上達と商売繁盛のご利益が強いと信じられています。

威徳稲荷神社は商売繁盛を始めとし、恋愛成就や勝負運や開運などさまざまなご利益を受けられるということです。

運気を高めるなら11月の酉の市は見逃せません。

「花園神社」悪い意味での解釈

霊気の強い花園神社は、むかしから幽霊が出る心霊スポットでも有名でした。

特に暗い時間帯は出やすいと言われている上、悪いことが起きやすいとも言われます。

敏感な方は暗い時間帯には近寄らないほうが良いかもしれませんよ。

まとめ

繁華街の花園神社は、運気好転と芸能上達ではとても有名なパワースポットでした。

とても賑やかな新宿の街にお出かけしたら、かならず参拝して神さまのご利益を受け取ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました