「菊理姫」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「菊理姫」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

皆さんは『菊理姫』をご存知でしょうか?この神は、遠い昔、イザナミとイザナギの仲を取り持った神で、縁結びの神として、崇められることが多いようです。

そして、神と謳われるだけあって、スピリチュアル的な効力もかなり高いです。

今回はどういったスピリチュアル的力を持っているのか、ご紹介していきましょう。

「菊理姫」のスピリチュアルでの象徴や意味

夫婦の間柄を取り持つ神である菊理姫ですが、その力から、繁栄という言葉も出てきます。

当然夫婦の仲が良ければ、そこに子供が生まれ、子孫繁栄してくれますよね。

しかし、人にだけあらず。

樹木などの、生命体にも言えることなのです。

その為、昔から、自然を愛し、自然と共に生きてきた一族などからは、丁重に祭られているようです。

又、人が生きていく上で欠かせない水なども司っている神なので、浄化作用なども、強く働くようです。

「菊理姫」のスピリチュアルメッセージ

折角結婚まで辿りついたのに、お互いの心がバラバラで、幸せの入口へと、辿り着くことが、難しいような状況をサポートしてくれるのが、菊理姫です。

そして、お互いの結びつきを強固にするため、時に、厳しく、いらないものや、いらない人間関係などを、排除します。

一見優しそうに見える菊理姫ですが、実は十一面の表情を持っているとされます。

その中には、怒りに震えている面や、悲しみの面などがあり、その時の彼女の気持ちを表していると、されるので、自分が願いを叶えたいと、菊理姫の祭られた神社などへ、会いに行った時の表情を忘れないでください。

それがあなたへの、メッセージです。

「菊理姫」のスピリチュアル的な解釈

菊理姫は、縁結びの神でもありますが、水も司っています。

水と言えば、禊。

身を清める効果がある水ですが、その水で自信を清めることによって、余計な考え方や、いらない古い感情など、綺麗に落としてくれる効果があります。

もし、今、あなたが、何の気なしに、菊理姫に会いたいと思ったのなら、あなたの中に、いらない何かが詰まってしまっているのかもしれません。

是非、祭られている、神社を訪れ、禊払いをしましょう。

「菊理姫」いい意味での解釈

運命の方との出会いがあるかもしれません。

また、繁栄をもたらしてくれるので、先の見通しが、明るくなります。

「菊理姫」悪い意味での解釈

怖い姫と言われるほど、いろんな面を持っている姫です。

邪な気持ちで、冷やかし半分に、会いに行ってしまうと、怖い面を見させられるかも、しれません。

まとめ

縁を取り持つ神様です。

素敵な出会いがあるように、また、二人の未来を明るく照らしてくれるように、会いに行って見ませんか?

タイトルとURLをコピーしました