「虎」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「虎」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

世の中でとても強い動物は何かと効かれたら、虎を挙げる人は多いようです。

虎はアジアに生息するネコ科の猛獣で、アムールトラやベンガルトラなど多種がいます。

大きいものでは体長280cmで体重300kgにもなるというから、人間では敵いようがありません。

そんな虎はむかしから縁起物でしたが、スピリチュアル的にはどんな意味があるかは知りたいところです。

「虎」のスピリチュアルでの象徴や意味

古代から中国では四神に白虎がいて干支に寅が含まれるなど、虎は信仰の対象となってきた動物です。

寅とは霊獣であり権力や財力の象徴で、毘沙門天の眷属にもなっています。

その力強さから守護神としての意味合いが大きく、虎の像は邪気を払いのけて武運をもたらし、商売繁盛や金運をもたらすものとして崇められて来ました。

一方で虎とは恐ろしく凶悪な猛獣なので怒りや災いの象徴にもなっており、人々から畏怖され続けている存在でもあります。

「虎」のスピリチュアルメッセージ

もし身近なところに虎のアイテムを取り入れた場合には、「邪気を払ってあなたの守護となるよ」とか「お金に困らず幸福になるよ」というメッセージがあります。

いま運気が低下している人にはぴったりです。

「虎」のスピリチュアル的な解釈

幸福をもたらしてくれる虎のご利益を取り入む方法は、簡単な種類から存在しています。

しかし虎に関係する注意点もあるので、覚えておくのが良いです。

「虎」いい意味での解釈

部屋の中に虎の置物を飾っておけば、邪気を払い金運を呼ぶなど幸福をもたらす言われています。

小さな虎の像でも、絵画でも同様の効果があるので試してみると良いです。

また虎柄のアイテムを持っていることでも、厄除けや金運上昇などの効果が期待できるでしょう。

また夢の中に友好的な虎が出て来たならば、その日は金運が上昇している証拠だと言われています。

その日のうちに宝くじを買ってみれば当たっていたり、臨時収入が入ったりするかもしれません。

そして虎に縁がある神社仏閣に拝むことができれば、勝負運や金運など幸福をもたらすことが期待できるとされています。

「虎」悪い意味での解釈

せっかくの虎の置物も、放置してホコリや汚れだらけになっては効果を発揮してくれません。

定期的なお掃除を欠かさないでください。

またもし夢に出てくる虎があなたに襲いかかって来たりと凶暴であれば、何らかのトラブルの暗示になっています。

その日はいつもより警戒して過ごすことが良いです。

まとめ

むかしから信仰されてきた虎とは、厄除けや守護や金運をもたらす縁起の良い存在でした。

いま何かとついてない状態なら、虎のご利益にあやかってみてはどうでしょうか。

小さな虎のアイテムを飾ってみることから始めてみてください。

タイトルとURLをコピーしました