「蝶が体に止まる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「蝶が体に止まる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

屋外で過ごしている時にひらひらと舞う蝶が現れて、体に止まる出来事を経験したことがありますか。

野生の蝶は人には滅多に近寄らない昆虫なので、体に止まるのは珍しいことです。

そんな蝶が体に止まる時は、スピリチュアル的に言うととても良い意味や解釈ができますので、さっそく確認してみましょう。

「蝶が体に止まる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

蝶という昆虫はうねうねとした幼虫から奇妙なサナギになり、やがて優雅に空を飛ぶ成虫になります。

そのために、むかしから変化の象徴とされてきた昆虫です。

他の動物よりも変化の幅が大きいので、強い変化の意味があるとされています。

また蝶はオーラや波動と呼ばれる生命エネルギーを感じ取る動物であり、人に止まることはその人のオーラが高まっていると言われています。

「蝶が体に止まる時」のスピリチュアルメッセージ

そんな不思議な蝶が体に止まる現象には、止まった人に「大きな変化が訪れる予兆ですよ」とのメッセージがあります。

これはポジティブな方向性であるので、いま不幸を極めている人にとっては脱出のチャンスです。

「蝶が体に止まる時」のスピリチュアル的な解釈

その大きな変化には、幾つかの種類があります。

蝶が体に止まると、不遇な現状からの開放が期待されます。

また今は駄目でも、これからより大きく飛躍できることを示しています。

運が悪くて不幸な人も、運気が急激に上がって行くことになりそうです。

「蝶が体に止まる時」いい意味での解釈

もし小さな蝶が止まっても変化は大きなものですが、サイズが破格に大きな蝶が止まるなら、そのポジティブな変化はさらに大きなものになる可能性があります。

頭に蝶が止まったら、学業の成績や業績が上がるかもしれません。

体のどこの部位に蝶が止まるかで違うと言われていて、腕ならば腕に関係してポジティブな変化があるということです。

「蝶が体に止まる時」悪い意味での解釈

特にこの現象で悪い意味は知られていませんが、たとえポジティブでも大きな変化があるということは、これまでの自分の常識が変わることも意味しています。

大きすぎる変化には、気をつけておきたいものです。

まとめ

自分の体に蝶が止まるという出来事は、ポジティブな変化の予兆であることがわかりました。

蝶が止まることは極めて稀ですが、とても素晴らしいことが始まるとすればぜひ止まってほしいもの。

温かい時期には、お花畑や河川敷のお散歩をしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました