「蝶の死骸」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「蝶の死骸」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

むかしから蝶はポジティブな変化をもたらす、縁起のよい動物とされてきました。

しかし寿命は短いので、寒い時期が来る前に死んでしまいます。

だから蝶の死骸を見ることも珍しくはありません。

そんな蝶の死骸については、スピリチュアル的に見るととても考えさせられる意味や解釈がありますので、ぜひ確認してみてください。

「蝶の死骸」のスピリチュアルでの象徴や意味

蝶は古来より天の神さまの使いであるとされることがあり、または死者の霊魂の象徴であるとも言われてきました。

特に立派な姿のアゲハチョウは、そんな解釈をされてきた蝶の代表格です。

蝶は人に変化の予兆を教える存在であるとされるなど、他の動物に比較しても極めて霊的な存在であったのです。

そして蝶の死骸を見ることについても特別な解釈がありは、死者の魂があの世に運ばれ、役目を終えたことを意味しています。

また蝶の死骸を見た場合は、大切な人の代わりに死んでくれたのだとも言われています。

「蝶の死骸」のスピリチュアルメッセージ

もし蝶の死んだ姿を見た時には、「死者の魂が最後に挨拶に来た」というメッセージを感じ取ることができます。

特に親しい人が亡くなって間もない頃に蝶の死骸を見つけたなら、その傾向が高まります。

「蝶の死骸」のスピリチュアル的な解釈

ある日何かの蝶の死骸を見たら、もしかしてあの人の魂が挨拶していったのかなと思いつくこともあるでしょう。

そうしたらその故人のことを思い出したり祈ってあげることで、日常にポジティブな影響を受けられます。

「蝶の死骸」いい意味での解釈

見つけた蝶の死骸がとても新しかったならば、旅立った魂はとても穏やかにあの世へ行った意味かもしれません。

きっとあの世でも何の苦労もなく過ごせているので安心できます。

これは見つけた蝶の死骸がとても美しい状態だったり、見事なものだったりする場合でも同様です。

「蝶の死骸」悪い意味での解釈

もし死骸が蜘蛛の巣に捕らわれていたら、ちょっと良くない感じがしてしまいませんか。

何しろ蝶は天の使いで魂の象徴なのですから。

死者の魂はまだあの世に行けず、現世に捕らわれているのかもしれません。

身近に浮かばれない死を遂げた人が思い浮かぶなら、お供えをして祈ってさしあげるとよさそうです。

まとめ

もしも蝶の死骸があったなら、それは人の魂があの世に旅立ったこと、あるいは人の身代わりになって死んだことを意味していました。

これから何かの蝶の死んだ姿を見た時には、いったいどなたが送ったサインなのか、考えてみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました