「蝶をよく見る時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「蝶をよく見る時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

蝶をよく見かけることがあります。

どのようなメッセージがあるのか、チェックしていきましょう。

「蝶をよく見る時」のスピリチュアルでの象徴や意味

蝶をよく見るのは「生まれ変わり」をあらわします。

小さな青虫から大きな蝶へ姿を変える蝶は成長のシンボル。

魂が磨かれていき、次のレベルに移ろうとしています。

これまでよりもランクが上がっていくので、目に映るすべての物が、美しく光り輝いていきます。

また蝶は「運気が上がる人」が大好きな生き物。

大きく美しい波動を見つけると、そういう人の元に集まってきます。

蝶が群れでやって来たら、あなたの波動が高まっているサインだと考えておきましょう。

「蝶をよく見る時」のスピリチュアルメッセージ

蝶をよく見るときは、良い波動が生まれているサインです。

あなたの心の奥から「変わりたい」「成長したい」という願望が生まれています。

幸せや成長のシンボルである蝶が、あなたの成長を助けてくれます。

蝶を見て優しい気持ちになれるのは、蝶から良い気をもらっているから。

上に伸びようとする力を、蝶がサポートしてくれているからです。

二人三脚のつもりで、ぜひ蝶と一緒に高い目標を目指してみてください。

あなたならきっと、乗り越えていけます。

「蝶をよく見る時」のスピリチュアル的な解釈

蝶をよく見る時には、いい意味と悪い意味ふたつの働きがあります。

「蝶をよく見る時」いい意味での解釈

蝶をよく見る時は、あなたの運命が光り輝いているサインです。

美しい花のように、実力や才能そして美貌がわいてきます。

蝶は幸せな人が大好きなので、ポジティブなオーラを持っているあなたの近くにやって来たのです。

蝶の舞いをよく見るようになったら「いい運を身にまとっている」と考えてみてください。

乗り越えられることが多くなっているので、何事にも恐れずに挑戦してみましょう。

「蝶をよく見る時」悪い意味での解釈

蝶をよく見る時は、全体的にとても良い意味があります。

ただ美しい蝶を見ているのに「物悲しい」と感じたときは、悲恋の相が漂ってしまうことがあります。

腐れ縁を呼び込みやすく、ネガティブな気をため込んでいます。

いい出会いを膨らますためにも、できるだけ明るい気持ちで蝶と接するようにしてみてください。

「綺麗だな」と素直な心で思っていると、しだいにその空気が和らいでいきます。

まとめ

蝶をよく見る時のジンクスをお伝えしました。

このようなときは、良い波動が生まれているサインです。

あなたの陽の気に誘われて、成長のパワーである蝶が集まっています。

いい言い伝えを知って、心を明るく整えてください。

タイトルとURLをコピーしました